じゃりン子チエ 劇場版 Jarinko Chie The Movie

1981年 アニメ 4ツ星 ドラマ 主人公は子ども 家族

大人になってわかるチエちゃんの魅力

テレビシリーズは毎週見ていたが、劇場版を見たのは41歳になってから。放送当時、私は10歳だったから、チエちゃんと同じ歳か。あのころはチエちゃんの魅力がわからなかった。劇中でも母親が驚いているように、チエちゃんの賢さ、愛らしさは、尋常じゃないレベルに達している。どえらい大人物になりそうな予感もあるが、たぶん、市井の主婦になってしまうんだろうな。それが似合っているような、もったいないような、複雑な気持ちになる。

本作で描かれる大阪の下町は、貧しくて、汚くて、低俗で、荒っぽいけど、人情味にあふれている。本当はどうか知らないし、知りたくもない。これは一種のファンタジーで、夢を壊したくない。

不満があるとすれば、ややエピソードを詰め込みすぎ。アントニオJr.のエピソードがなければ、猫たちはしゃべらずに済んだ。チエが水道の蛇口が壊れた夢を見たところで終わればよかったんだ。まぁ、映画制作時はテレビシリーズがあると思わなかったから、仕方なかったのだろう。

不満はそのくらい。あとは満足。おもしろかった。もっとチエちゃんの活躍を見たくなる。だからテレビシリーズが作られたんだね。

関連エントリー

1981年 アニメ 4ツ星 ドラマ 主人公は子ども 家族
生きる (主演:松本幸四郎)

生きる (主演:松本幸四郎)

ikiru
2007年の日本ドラマ ★4

おおむね、よいリメイク 黒澤明の映画「生きる」(1952)を、現代(2007)に置き換えたドラマ。時代背景をアップデートしているが、ストーリーはオリジナルに忠実。明るい画面とハッキ (...)

生きる

生きる

Ikiru
1952年の日本映画 ★5

ここから先は、あなたの物語 市役所で無気力な日々を過ごしていたオヤジが、余命わずかと聞いて一念発起、公園を作って、ブランコで歌いながら死んでいく話。 ストレートなタイトルと評判の高 (...)

思い出のマーニー

思い出のマーニー

When Marnie Was There
2014年のアニメ ★2

なんも響かない 「スタジオジブリの次代を担うことになる最初の作品」と言われていたが、2014年、ジブリは制作部門を閉鎖。米林宏昌も退社してしまったから、失敗作だったことが伺える。原 (...)

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ

The Witch of The West is Dead
2008年の日本映画 ★3

東の魔女へ 冒頭とタイトルから、結末はわかっていた。だからこそ、その「先」を見たかった。西の魔女が死に、東の魔女が産まれた。なにが受け継がれ、なにが呼び覚まされたのか。たとえば苦手 (...)

イナフ

イナフ

ENOUGH
2003年の外国映画 ★3

なまじのホラーより恐ろしい……のだが 浮気して、暴力をふるっても、決して離婚しない夫。裏社会に通じているのは特殊だが、それ以外の言動は「ありえない」と言えないところが恐ろしい。そう (...)

エデンの東

エデンの東

East of Eden
1955年の外国映画 ★3

手がつけられない青春 がっしりした体格に甘いマスク。言動は粗暴だが、心は子どものように純粋。行動力があって、なんにでも挑戦するが、ときに空回りして、人を傷つけてしまう。自分で自分を (...)

ページ先頭へ