ミュータント・ワールド Mutant World

2014年 外国映画 2ツ星 モンスター モンスター:ゾンビ 文明崩壊後

設定に無理があった。

隕石落下によって氷河期になった地球。美少女戦士が、ミュータント(理性あるゾンビ)をやっつける。

ミラ・ジョヴォヴィッチの『バイオハザード』や、ケイト・ベッキンセイルの『アンダーワールド』を目指したようだが、文明崩壊後の地球を舞台にしたのはよろしくない。セットや設定にお金をかけられないから、いろいろアラが目立って、アクションに集中できなくなる。

かわい子ちゃんのドンパチに集中すればいいのにと思うが、それだけじゃ注目されない。だから新しい要素を加えて、失敗する。難しいよね。

「伝道師」が偽物だったのは驚き。本作でいちばん驚いた。それで、おもしろくなったわけではないが。