[Edit]
[レビュー1978年06月30日に発表された 

スペースインベーダー / Space Invaders (AC)

Space Invaders

まさに侵略者だった

インベーダーゲーム(スペースインベーダー)が登場すると、それまでゲームセンターの主役だったピンボールは暗がりに追いやられた。しかしインベーダーゲームも暗がりを必要とするため、ゲームセンター全体が暗くなった。暗いところで若者たちが遊んでいれば、不健全に見える。私がその名を知ったとき、インベーダーゲーム=不良が遊ぶもの、というレッテルを貼られていた。しかし禁じられた場所が町中にあれば興味をそそる。子どもたちは親や先生の監視をかいくぐってゲームセンターに足を運びはじめた。思えば、これがゲームセンター文化のはじまりだった。

私がプレイしたのは小学3年生のとき。スタート時は楽しいが、ピンチになると焦る。レバーを強く、ガチャガチャ操作するが、それで自機が早く動くわけじゃない。現実とゲームのちがいに戸惑った。当時10円は貴重だったため、1プレイは貴重だった。

ゲームの腕前は上達しなかったが、ゲームセンターへの興味は増していった。その中核にあったのはまぎれもなくインベーダーゲームだった。

Share

Next