レビュー  2013年08月09日  に発表された 

Papers, Please / ペーパーズプリーズ (PC)
Papers, Please

3ツ星

アルストツカに栄光あれ!

80年代の共産主義国家における入国審査官の苦労を体験できるゲーム。政情を新聞で読み、ころころ変わる審査基準を広報で知らされ、ひたすら書類を照らし合わせる。一日の終りに給与が支給され、罰金と生活費に消えていく。絶望的な毎日だ。自分ではどうにもならないが、じつは世界をひっくり返す鍵を握っていることに興奮する。

単調ながらもエキサイティング、そしてドラマティック。音楽も素晴らしい。よくこんなゲームを思いつくなぁ。そしてわずか9ヶ月で作られた同人ゲームがGreenlightを通過して、世界各国に発売されたことにも驚く。いい時代に生まれたよ。

このゲームの真髄は「エンドレスモード」にあるかもしれない。



Steam: Papers, Please

 Googleで「Papers, Please / ペーパーズプリーズ 」を検索する
 Wikipediaで「Papers, Please / ペーパーズプリーズ 」を検索する
 IMDBで「Papers, Please」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4384031750
思考回廊 レビュー
Papers, Please / ペーパーズプリーズ (PC)