レビュー  2011年06月24日  に発表された 

学校の七不思議
School's Seven Mysteries

2ツ星

もっとパワーを!

あらすじ

母校の小学校が廃校になると聞いて、若者5人がタイムカプセルを掘り返しにやってきた。すると箱の中から見覚えのない「ナナフシギ」と題されたノートが出てきた。それを読んだ時から不可解な現象が相次ぎ、学校から出られなくなる。首なし校長、無限十三階段、赤マント、神隠し、トイレの花子さん、真夜中の音楽室、開かずの標本室......。七不思議によって殺されていく若者たち。すべては20年前に変死したサチコという少女の呪いだった。

ニコ生上映会で鑑賞。導入はよかったが、惨劇がつづくと意味がわからなくなった。なにが原因で、なぜ今、彼らを襲うのか? わけがわからぬまま全滅してしまった。見立て殺人とか、学校にわだかまるパワーとか、なにかしらのスジがほしかったけど、それは求め過ぎかな。


 Googleで「学校の七不思議」を検索する
 Wikipediaで「学校の七不思議」を検索する
 IMDBで「School's Seven Mysteries」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4591039080
思考回廊 レビュー
学校の七不思議