レビュー  1989年06月30日  に発表された 

ベスト・キッド3 / 最後の挑戦
The Karate Kid Part 3 / The Karate Kid, Part III

2ツ星

社長がヒマ人すぎる

3作目は作るべきじゃなかったね。1作目の勝利も、2作目の教訓も失われた。馬鹿らしくて、見ていられない。

冷静に考えると、かつてない危機である。財力ある社長が法律も採算も無視してつぶしにかかっているのだ。しかも馬鹿だから恐怖したり、学習することがない。これじゃ試合に勝っても、平和は訪れない。

これはもう戦争だ。ミヤギ師匠が殺人の禁を解いてもおかしくない。この状況にどう決着をつけるのか? それだけ見たくて最後まで見たが、なんもナシ。これじゃダニエルの将来は暗いな。

3作目は作るべきじゃなかった。ダニエルとミヤギは、今もオキナワで暮らしている。そう思いたい。


 Googleで「ベスト・キッド3 / 最後の挑戦」を検索する
 Wikipediaで「ベスト・キッド3 / 最後の挑戦」を検索する
 IMDBで「The Karate Kid Part 3 / The Karate Kid, Part III」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003NVV7V4
思考回廊 レビュー
ベスト・キッド3 / 最後の挑戦