レビュー  2012年03月17日  に発表された 

ストライクウィッチーズ 劇場版
Strike Wiches The Movie

4ツ星

卒業させたら傑作だった

テレビシリーズ第2期の後日談。魔法力を失った宮藤が、ただの少女として活躍する姿に感動した。魔法を失っても色あせないヒーローの魅力。それが確認できたのはうれしかった。
新人・静夏ちゃんとの組み合わせもいい。軍人の家系に生まれ、軍神にも等しい宮藤に憧れていていたが、本質を理解していなかった。本当の軍人の強さは、人々を守りたい意志の強さ。これは燃える!

が......、最後の最後で宮藤が戦線復帰したのはガッカリ。これこそまさに蛇足。宮藤には、医者になるという新たな戦場がある。宮藤を戦場に引き出すべきじゃない。第3期やOVAを作るにしても、宮藤なしでやれたはずだ。
『鋼の錬金術師』の映画は、錬金術を失ったエドの強さを描くべきだった。『けいおん!』で卒業した4人は、それぞれ異なる道を歩むべきだった。劇場版でこそ、明確な区切りを付けてほしいのに、どうしてこうなっちゃうのかなぁ。

でも、おもしろかった。映像は綺麗だし、戦闘シーンは迫力がある。テンポもいい。坂本さんの元気な姿も見られた。蛇足があっても、満足できる劇場版だった。


 Googleで「ストライクウィッチーズ 劇場版」を検索する
 Wikipediaで「ストライクウィッチーズ 劇場版」を検索する
 IMDBで「Strike Wiches The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008CL5KRW
思考回廊 レビュー
ストライクウィッチーズ 劇場版