レビュー  2013年04月13日  に発表された 

リーガル・ハイ スペシャルドラマ
Legal High Special Drama

5ツ星

だれが指揮棒をふっているか?

中学校のいじめを扱ったスペシャルドラマ。「大津市中2いじめ自殺事件」から2年しか経過しておらず、難しいテーマを扱っているなと驚いた。しかも、おもしろかった。コメディとして笑えるだけでなく、いじめ問題の難しさをシュールに描いている。
いじめの有無を問うことが難しいのは、それが関係者の気持ちに左右されるからだ。そして人間の気持ちは、思うほどハッキリしていない。中学生だから空気に流されたんだ、と笑える人はしあわせだ。
そして古美門の弁護士センスに驚嘆する。彼は事実より、空気に注目していた。裁判所での過剰なふるまいも、空気を変えるための演出だったのだろう。いやはや、すごい。

広末涼子が演じる裁判官も興味深い。正義を追求するあまり傲慢で、視野が狭くなっている。よく言えば純粋だが、ぶっちゃけ世間知らず。こんな連中が判決を下すと思うと、バカらしくなる。
広末はレギュラーになるんだろうか。「監置」について調べたら、法廷侮辱罪のことだった。日本では監置というのか。一生使わないであろう知識がまた増えてしまった。

ラストで先生が指揮棒を振りながら学校を去るシーンが印象的だった。子どもたちは生涯、その意味に気づかないだろう。

 Googleで「リーガル・ハイ スペシャルドラマ」を検索する
 Wikipediaで「リーガル・ハイ スペシャルドラマ」を検索する
 IMDBで「Legal High Special Drama」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00C149R3Y
思考回廊 レビュー
リーガル・ハイ スペシャルドラマ