青いゼラニウム / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S5E3) Agatha Christie's Marple: The Blue Geranium

2010年 海外ドラマ 3ツ星 探偵 法廷 @アガサ・クリスティ

マープルさんはどこを間違えたのか?

あらすじ

占いに凝るメアリーは、「青いゼラニウムが意味するのはあなたの死」と告げられた予言を恐れ、部屋に鍵をかけ、ミントの葉で結界を作り、ロウソクの火を灯していた。しかし翌朝、メアリーの死体が発見される。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

マープルさんが推理にしくじり、公聴会を止めるという出だしがおもしろい。しかし蓋を開けてみれば、期待するほど失敗してなかったので拍子抜け。そもそもマープルさんは捜査に介入できていなかった。サマーセット警部は視野が狭く、偉い人の名前をちらつかせても使いこなせない。これじゃ失敗するのも無理はない。

医者が言うには、メアリーを病人にしているのは妹たちの過剰な介護だという。実際、妹フィリッパの言動はおかしい。病人より介護者が心を病んでいる構図は恐ろしいが、カラクリはもっと具体的だった。人は驚きで死んだりしない。そのとおりだった。
しかしフィリッパの背後に看護婦キャロラインがいたのは驚き。というか、マープルさんはどうやって気づいたのか? なんの証拠もなく推理を披露したけど、メアリーがトボけたらどうするのか? 「証拠がある」と言って公聴会を止めたのだから、なにか提示してほしかった。

ジョージはヘイゼルをかばうために自白したのに、ヘイゼルはジョージを信じきれなかった。このふたりは結婚してもうまくいかないと思う。

それにつけても人間関係が複雑だ。もっとシンプルでいいと思うが、それじゃ2時間枠が埋まらないのか。原作は短編で、フィリッパも出てこない。うまくふくらませたのか、ふくらませすぎたのか。ストーリーを理解するのに2回、周辺を把握するのに4回は見る必要がある。

妄想リメイク(ゆっくり文庫)

独自の翻案で動画化してみた。オリジナルキャラクターがいるので、シリーズ第一話「完璧なメイド」から鑑賞してほしい。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
 
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford) マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes) ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson) ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan) ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie) ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫 声:八千草薫
ゆっくり文庫 ゆっくり文庫
  奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

関連エントリー

2010年 海外ドラマ 3ツ星 探偵 法廷 @アガサ・クリスティ
情婦 / 検察側の証人 (ビリー・ワイルダー監督)

情婦 / 検察側の証人 (ビリー・ワイルダー監督)

Witness for the Prosecution
1958年の外国映画 ★5

素晴らしい翻案 視聴後すぐ原作を読んだんだけど、原作よりおもしろかった。比べることで、ビリー・ワイルダー監督の飛び抜けたセンスがわかる。いやはや、素晴らしい。 どんでん返しのある映 (...)

検察側の証人 (アラン・ギブソン監督)

検察側の証人 (アラン・ギブソン監督)

Witness for the Prosecution
1982年の外国映画 ★3

アップコンバート ビリー・ワイルダー版(1958)を、そっくりそのまま再現している。杖に葉巻を隠すことも、灰皿の灰を隠すことも同じ。モノクルテストはより幻想的に仕上がっている。ビリ (...)

昔話法廷 (全10話)

昔話法廷 (全10話)

Fairy Tale Court / Mukashibanashi Hōtei
2015年の日本ドラマ ★3

昔話は主題じゃない。 昔話を新しい切り口で考察する番組と思ったが、そうじゃない。裁判の実情を示すサンプルとして引用しているだけ。なので昔話の主題も重要ではない。 毎回、裁判員の審議 (...)

異邦人

異邦人

Lo Straniero
1967年の外国映画 ★3

原作とあわせて見てほしい。 ゆっくり文庫で動画化するとき、映画の存在を知って鑑賞した。 イタリア映画だから、フランス植民地時代のアルジェリアの情景をどれほど再現しているかわからない (...)

キューティ・ブロンド

キューティ・ブロンド

Legally Blonde
2001年の外国映画 ★3

引っかからない。 「金髪(ブロンドヘア)の女性はあまり賢くない」という偏見に基づくブロンド・ジョークなるものがあるらしい。本作はこれを逆手に取って、「金髪のカワイ子ちゃんだけど賢い (...)

ヒットマンズ・ボディガード

ヒットマンズ・ボディガード

The Hitman's Bodyguard
2017年の外国映画 ★2

コメディはコメディで。 有能なボディーガードが、仇敵のヒットマンを護衛する話。ふたりの逃避行と掛け合いが魅力にしたいようだが、どちらも性格設定が半端で没入しづらい。なにより為政者に (...)

ページ先頭へ