レビュー  1961年09月26日  に発表された 

ミス・マープル/夜行特急の殺人 (アガサクリスティの パディントン発4時50分)
Murder She Said | Agatha Christie's 'Murder She Said'

3ツ星

初の映像化なのに大胆すぎるアレンジ

あらすじ

夜行特急の殺人

列車に乗っていたミス・マープルは、並走する列車の車内で、男が女を殺す瞬間を目撃する。すぐクラドック警部補に通報したが、死体は見つからない。業を煮やしたマープルは、友人の司書・ストリンガーと線路沿いを調べ、死体を捨てた痕跡を発見。死体はアカンソープ(Ackenthorpe)家の敷地内にあると推理し、メイドとして潜入した。

アカンソープの一族

アカンソープ家は、先代が製菓会社で財を成した。現当主ルーサーは偏屈で、4人の兄妹たちも仲がよくなかった。

  1. ルーサー ... 現当主。けち。偏屈。
  2. セドリック ... 長男。画家。女たらし。
  3. ハロルド ... 次男。金持ち。
  4. アルバート ... 三男。退屈な男。
  5. エドマンド ... 四男。戦死したが、遺体は見つかってない。
  6. エディス ... 長女。故人。アレキサンダーの母親。
  7. エマ ... 次女。美しく、気立てがよい。父の世話をしている。クインパー医師と交際中。
  8. ブライアン ... エディスの夫、アレキサンダーの父親。戦闘機乗り。エマに恋している。
  9. アレキサンダー ... エディスとブライアンの息子。生意気盛り。
  10. キダー夫人 ... 通いの料理人。いやみな中年女性。
  11. ヒルマン ... 庭師。不気味な男。マープルを監視する。

マープルは馬屋で女性の死体を発見する。ストリンガー経由で警察に通報すると、クラドック警部がやってきた。アカンソープ家の人間は、殺された女性に見覚えがないと証言したが、事件当夜のアリバイもなかった。

マルティーヌの手紙

数日前、戦死したエドの妻(マルティーヌ)と名乗る女性から手紙を受け取っていた。真実ならマルティーヌにも相続権があり、兄弟にとって殺害の動機となりえた。

驚かれるかもしれませんが、私はエマ様の義姉です。エドが戦死する直前に、結婚いたしました。近々おたくを訪問したいと思っております。会っていただけますか? お父様はお加減が悪いと伺いましたので、代わりにお嬢様に宛ててしたためました。

──マルティーヌ・アカンソープ

  • 盗まれたコンパクト ... マープルは殺害された女性のものと思われるコンパクトを拾ったが、盗まれてしまった。→家の中に殺人犯がいて、マープルが狙われる恐れもある?
  • 5人の相続者 ... ルーサーは父親と仲が悪かっため、遺言で屋敷や財産に手を付けることを禁じられている。財産は子どもたちに分配される。現在の相続者はセドリック、ハロルド、アルフレッド、エマ、そしてエディスの息子アレキサンダーの5名。→マルティーヌが実在すると、分与額が減少する。
  • 昨年のヒ素中毒疑惑 ... 昨年のクリスマス、ルーサーは嘔吐していた。クインパー医師はヒ素中毒を疑ったが、確証はなかった。→子どもたちがルーサーの死を画策している?
  • クインパー医師の立場 ... エマと将来を誓いあったクインパーは、マルティーヌの手紙があることを警察に届けることを薦めた。→告白したことで、エマの疑惑が軽減された。あるいはエマのため、クインパーが殺害を試みた可能性もある。→クインパーはフランス語を読めないが、殺された女性がフランス人ではないかと指摘している。
  • 庭師は除外 ... 庭師もルーサーが死ねば少なからずお金をもらうが、マルティーヌを殺害する動機がない。

アルフレッド毒殺

夕食のカレーにヒ素が入っていて、ルーサー、セドリック、ハロルド、アルフレッド、エマが中毒を起こし、アルフレッドが死亡した。ヒ素を盛るチャンスは誰にでもあった。

ハロルド銃殺

夜、森のなかでハロルドの死体が発見される。自殺や事故死の可能性もある。
クラドックは盗まれたコンパクトを探そうとするが、直前にアレキサンダーが持ち出したことが判明する。悪戯だったようだ。マープルは作戦を思いつく。

決着

アレキサンダーがマープルのコンパクトを見せびらかす。その後、マープルに部屋にクインパー医師がやってきて、歯の治療をする。その様子を鏡に映し、あの夜に見た殺人犯だと確信する。

クインパーはエマと結婚するため、邪魔な妻を殺害した。疑惑をアカンソープ家に向けるため「マルティーヌの手紙」を投函した。マルティーヌは農家の娘のはずだが、死体の手は荒れていなかった。
遺産の取り分を増やすため、クインパーはアルフレッドとハロルドを殺害した。アルフレッドは治療と称して致死量のヒ素を与え、ハロルドは銃で撃って自殺に見せかけた。唯一の気がかりは、自分が妻に贈ったコンパクトを回収すること。マープルに毒を注射しようとした瞬間、クラドックが飛び出してクインパーを取り押さえた。

事件解決後、マープルは屋敷を去ろうとするが、ルーサーに求婚される。
「お暇をいただきに参りました」
「辞めなくていい」
「自宅があります」
「売れ」
「理由がありません」
「つまりだな、おまえさんは料理もうまいし、頭もよく回るようだから、結婚してやることにした」
「返事は?」
「光栄ですわ」
「返事はどうなんだ?」
「無理ですわ」
「なぜだ?」
「万が一結婚するとしたら、お相手がおりますの」

マープルを乗せた車は、アレキサンダーの悪戯(ブライダルカー)をつけたまま去っていくのだった。

感想

『パディントン発4時50分』、初の映像化作品。ヒクソン版(1987)、マキューアン版(2004)と比較するために鑑賞したが、違いすぎて驚いた。
最大のちがいは、殺人の目撃者(マギリカディ夫人)とメイド探偵(ルーシー・アイレスバロウ)の役をマープルが兼任すること。自分が見たことだから疑うことがないし、自分で調べるから危険もいとわない。肉体労働をこなしつつ、ルーサーの嫌味をかわし、アレキサンダーと仲良くなり、事件を調査して、自分を囮にして解決する。「安楽椅子探偵」とか「上品な老嬢」といったイメージはぶっ飛んだが、これはこれで悪くない。
原作者は眉をひそめたと言うが、最初でこれは無理もない。しかし私たちは、いろんなバリエーションの1つとして楽しめるのだから幸せだ。

強烈なマープル

マーガレット・ラザフォードのマープルは、じつにパワフル。ずんぐりした体躯に、ぎょろりとした目玉。推理小説の犯人をばらしたり、司書をこき使ったり、不審者に花瓶を投げつけたりと、遠慮がない。肉体労働をこなしつつ、ルーサーの嫌味をかわし、みなの信頼を勝ち取り、調査して、推理て、自分自身を囮にして犯人を捕まえる。すさまじい。
しかし魅力的だから困る。ルーサー(老人)とアレキサンダー(少年)の双方に好かれるところもいい。ミス・マープルらしくないけど、かっこいい。

ミステリーとして

いろいろ整理されているんだけど、ちょいちょい足りない。
一番の疑問は、マルティーヌの息子が割愛されたこと。ただの配偶者ならブライアント同じで、遺産相続の対象にならないはず。
また犯人も、予想外に早く死体が発見され、まだ警察がウロチョロしてるのに、アルフレッドとハロルドを殺すのは軽率だ。

トンティン方式(相続者が減ると分与額が増える)が省かれたことも、ミステリーの緊張感を削いでいる。提示されていれば、セドリックとエマへの疑惑が高まったはず。
セドリックは、「クインパーが愛するエマのためにマルティーヌを殺した可能性がある」と指摘した。ほかの映像化作品に見られないツッコミだ。ブライアンもエマに恋してるから、同じ動機が成り立つ。
ヒルマンやキダー夫人(ジョーン・ヒクソン)は目立ちすぎ。セドリックがミス・マープルを怪しむなら、彼らの役回りは整理できそうだ。

余談

ちなみに、ミス・マープル家のメイドの名前がルーシーだった。それから主演のマーガレット・ラザフォードであるため、ラザフォード・ホールという名前を避け、クラッケンソープからアカンソープに変えられたそうだ。
キダー夫人を演じるのはジョーン・ヒクソンで、図らずも2大マープルの共演となっていた。初見では気づかなかったが、なるほど面影がある。そういえばヒクソン版の、「キダー夫人はまだ勤めてる?」はこれを意識したものだったんだろうな。

結論。おもしろかった。細かな疑問はあるが、ミス・マープルの魅力に吹き飛ばされた。視聴後の後味もいい。ミステリーでもキャラクターは重要とわかる映像化だった。

パディントン発4時50分:キャスティング比較


※1961 夜行特急の殺人 (ラザフォード版)


※1987 パディントン発4時50分 (ヒクソン版)


※2004 パディントン発4時50分 (NHKアニメ版)


※2007 パディントン発4時50分 (マクイーワン版)

 Googleで「ミス・マープル/夜行特急の殺人 」を検索する
 Wikipediaで「ミス・マープル/夜行特急の殺人 」を検索する
 IMDBで「Murder She Said | Agatha Christie's 'Murder She Said'」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000E9X004
思考回廊 レビュー
ミス・マープル/夜行特急の殺人 (アガサクリスティの パディントン発4時50分)