レビュー  2006年02月19日  に発表された 

親指のうずき / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E3)
Agatha Christie's Marple: By The Pricking of my Thumbs

2ツ星

しっくりこない

あらすじ

トミーと妻のタペンスは、トミーの叔母エイダに会いに養護ホーム「サニー・リッジ」へ行く。タペンスは、そこで出会った老婦人ランカスターから、突然、「暖炉の奥に埋められていた子供の死体はあなたのお子さん?」という不思議な質問をされる。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

トミーとタペンスシリーズより。マープルさんはエイダの友人として事件に関与するが、引っかかりが弱い。もともと不自然なダイイングメッセージだから、マープルさんが関わるのは無理がある。若いふたりを見守るマープルさんも悪くないが、ミス・マープルの1本としては物足りない。
とはいえ、『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』(S4E4)のように突入するのも奇妙で、どっちがいいか迷うところだ。

 Googleで「親指のうずき / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「親指のうずき / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Marple: By The Pricking of my Thumbs」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009DEMHJQ
思考回廊 レビュー
親指のうずき / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E3)