レビュー  2010年10月27日  に発表された 

ハロウィーン・パーティ / 名探偵ポワロ #63 (デビット・スーシェ主演)
Hallowe'en Party / Agatha Christie's Poirot #63

3ツ星

ウソの根拠を探す

あらすじ

ハロウィーン・パーティーの席上で、少女(ジョイス)が殺人を見たことがあるといい出した。その場はだれも本気にしなかったが、やがてジョイスは溺死体となって発見される。ジョイスは本当に殺人を見たのだろうか? そのため犯人に口封じされたのか?

トリックらしいトリックもないが、ポワロの推理や調査に感心したエピソード。
少女は虚言癖だが、想像力は豊かじゃない。ここ数年以内にあった不審死は3つ。遺言書を偽造した家政婦が失踪した。ドレイク夫人は誰かを見て花瓶を落とした。少女の兄が高価な時計をしていた。庭師は事件発生時、町にいなかった......。
すべての情報を書き出して、「犯人は濡れているはず」というヒントをもらえば、なるほどと納得するが、その場にいたら思いつかないだろう。ポワロは最短コースで真相に辿り着いている。灰色の脳細胞、恐るべし。

イギリスのハロウィーンパーティの様子が興味深かった。日本にも浸透したハロウィーンだけど、単なるモノマネだった。


 Googleで「ハロウィーン・パーティ / 名探偵ポワロ #63 」を検索する
 Wikipediaで「ハロウィーン・パーティ / 名探偵ポワロ #63 」を検索する
 IMDBで「Hallowe'en Party / Agatha Christie's Poirot #63」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4151300317
思考回廊 レビュー
ハロウィーン・パーティ / 名探偵ポワロ #63 (デビット・スーシェ主演)