[Edit]
[レビュー2004年12月26日に発表された 

パディントン発4時50分 / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S1E3)

Agatha Christie's Marple: 4.50 From Paddington

いささか派手すぎる

あらすじ

汽車に乗っていたマープルさんの友人・エルスペスは、併走する別の汽車の中で殺害現場を目撃する。エルスペスは車掌に通報し、警察がその汽車を捜索するが死体は見つからない。その話を聞いたマープルさんは、犯人が汽車から死体を放り出したと推理する。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

1987年のヒクソン版に比べ、容疑者が容疑者らしく描かれている。「マルティーヌの手紙で紛糾する兄弟」「アリバイがないブライアンとエマ」「カレーに毒を入れる可能性」などが映像化され、印象深くなった。その時点ごとの推理もちゃんと述べている。しかし疑わしいばっかりで追加情報がなく、推理を組み立てられなかった。

トンティン方式(相続者が減るほど年支給額が増える)が割愛されたため、家族の緊張感が損なわれたのもまずい。殺人の機会があったなら、次は動機、方法を問うべきだろう。

洗練された導入部

ヒクソン版で省かれた事前の調査が映像化されたことで、クラッケンソープ家に死体があると推理するまでの流れがスムースになった。鉄道警察のふざけた態度が、ミス・マープルの闘志をうまく刺激している。

派手なルーシー・アイレスバロウ

配役で目立つのは、やっぱりルーシー。若くて、美しくて、チャーミングで、歌って踊れるスーパー家政婦。真っ赤な車で乗り付け、豹柄のコートを羽織った金髪美女が家政婦だなんて、ふざけた冗談にしか思えないが、ま、差別化も必要だろう。あんまり賢くないが、ちょこちょこ聞き耳を立てる姿は「探偵にあこがれる女の子」っぽい。これはこれで悪くない。
探偵としてはイマイチでも、女としてはベテラン。言い寄る男たちをさらっと躱すところは、熟練を感じさせる。本作ではセドリックが小僧になったため、ブライアンとの結婚は既定路線と思われたが、どんでん返しでトム警部と結ばれる。石炭の汚れを取り合っただけで、そんな惚れるものか? やはり釈然としない。
本作のトリックは粗いのだから、恋の鞘当てはきちっと描いてほしい。

キャスティング

6回くらい見返して、アルフレッド(四男→次男)とセドリック(次男→四男)の年齢が入れ替わっていることに気づいた。なぜ変えたのだろう? 原作を知ってる人ほど混乱する。ハロルドとセドリックは事件に絡むことなく退場。この程度なら省略してもよかった。
ルーサー(父)も教養と理解ある人物に差し替えられ、屋敷の緊張感がゆるんでいる。ルーシーを食事に誘うのも早いよ。そのくせ終盤はまったく出番がない。もったいないね。
ブライアン(イーディスの夫)は軍人らしくなった。ちょこちょこ怪しく描かれているが、マルティーヌ(長男の妻)を連れてきたシーンのインパクトが足りない。ミス・マープルが先に連絡したのも驚愕だが、あっさり流されてしまった。けっこう重要なポイントだったのに。
エマ(次女)はだいぶ年配になった。次女じゃなくて長女なのかな? 女性としての魅力が欠けたことで、結婚へのあこがれが切なく見えた。マクイーワン版は愛をテーマに掲げるが、ヒクソン版のほうが幸福なイメージがある。

アルフレッド殺害の理由

クインパー医師は偽りの手がかり(M. Crackenthorpe の領収書)を残すが、その現場をアルフレッドに目撃される。恐喝されたクインパー医師は、一族全員の中毒にまぎれて、アルフレッドを毒殺する。アルフレッドを殺害することで、自分のアリバイを確実なものにできるという目算もあった。けっこう冷酷な殺人なんだけど、これも愛が動機なのか?
ヒクソン版に比べれば納得できる筋書きだが、アルフレッドがクインパーにアリバイ供述をたのむシーンや、恐喝するシーンは挿入してほしかった。

愛に傾きすぎる

冒頭にルーサーの妻(アグネス)が死ぬシーンが挿入され、愛がテーマであることが強調された。ハロルドも愛に焦がれて異常行動をしていた。さらに事件解決時、ミス・マープルがエマに言う。
「慰めにならないけど、今回の犯罪の動機は愛だわ」
「大切なのは愛ですね」
うーん、そうとは思えないなぁ。新しい「ミス・マープル」は愛を前面に出しすぎている。

それから謎解き後に列車を止めてしまったのは驚き。まぁ、華があっていっか。

パディントン発4時50分:キャスティング比較


※1961 夜行特急の殺人 (ラザフォード版)


※1987 パディントン発4時50分 (ヒクソン版)


※2004 パディントン発4時50分 (NHKアニメ版)


※2007 パディントン発4時50分 (マクイーワン版)

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford) マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes) ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson) ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan) ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie) ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
声:八千草薫 声:八千草薫
ゆっくり文庫 ゆっくり文庫
ほか
奥さまは名探偵
ほか そして誰もいなくなった 検察側の証人 ほか

Share

Next