レビュー  2011年01月02日  に発表された 

鏡は横にひび割れて / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S5E4)
Agatha Christie's Marple: The Mirror Crack'd from Side to Side

3ツ星

マリーナの弱さが目立っていた

あらすじ

大女優マリーナ・グレッグがセント・メアリ・ミード村の屋敷を買い取り、映画監督の夫ジェイソンと共に引っ越してくる。マリーナは早速パーティーを開催するが、その会場で彼女の熱烈なファンが殺害される。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

アンジェラ・ランズベリーの『クリスタル殺人事件』(1980)、ジェーン・ヒクソンの『鏡は横にひび割れて』(1992)に比べると、だいぶ見劣りする。マリーナが傲慢すぎるからだ。

マリーナは同情すべき点が多い。類まれな美貌と才能をもちながら子どもに恵まれなかった。養子を迎えるが、実子を身ごもったことで捨て、実子は障害をもって産まれたことで捨てた。そこへ自分に風疹を移した相手が現れて自慢話をすれば、そりゃ殺意もわくだろう。ヘザー・バドコックも、殺されても仕方がない人物として描かれている。だが、その後の狂言や殺人で純粋性は失われてしまった。映画撮影のダメっぷりも見るに耐えない。
結局、マリーナは罪を指摘されることなく死んでしまった。自殺したのか、夫に殺されたのか、夫婦で話し合って決めたのか。マープルさんや警察がそっとしておくのはいいが、観客としては気になる。

ストーリー構成が同じでも、演出で受ける印象は変わる。女優の成功と女性としての失敗を対比させるなら、ちゃんと描ききってほしかった。

 Googleで「鏡は横にひび割れて / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「鏡は横にひび割れて / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Marple: The Mirror Crack'd from Side to Side」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4151300422
思考回廊 レビュー
鏡は横にひび割れて / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S5E4)