[Edit]
[レビュー2011年01月02日に発表された 

鏡は横にひび割れて / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S5E4)

Agatha Christie's Marple: The Mirror Crack'd from Side to Side

マリーナの弱さが目立っていた

あらすじ

大女優マリーナ・グレッグがセント・メアリ・ミード村の屋敷を買い取り、映画監督の夫ジェイソンと共に引っ越してくる。マリーナは早速パーティーを開催するが、その会場で彼女の熱烈なファンが殺害される。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

マープルの相棒としてドリー・バントリーが活躍する。金髪の中年女性なので、ときどきマリーナと混同する。
クラドック警部の代わりにヒューイット警部が登場。サー・ヘンリーのすすめでミス・マープル家に直行。協力関係が形成される。また警部がスコーンの話をしてくれる。
マープルを年寄り扱いするナイトはおらず、メイドのチェリーとよい関係ができている。マープルの老い、悲壮を感じさせる演出はない。
養子は2人だが片方(兄)は登場せず。また執事の殺害もない。

オリジナルとして、マリーナが知的障害がある息子と接するシーンがある。マリーナは子どもの手に触れることもできず、泣き崩れる。「失敗作を愛せない」というマリーナの傲慢さが描いているようだが、まったくセリフがないため、マリーナを好意的に見る人がいるかもしれない。

アンジェラ・ランズベリーの『クリスタル殺人事件』(1980)、ジェーン・ヒクソンの『鏡は横にひび割れて』(1992)と比べ、本作のマリーナは女優としても失格だ。セリフを忘れ、相方の態度にいちゃもんをつけ、撮影を中断させている。マリーナへの同情心が薄らぐと、破滅は自業自得としか思えなくなる。「過去に囚われ、未来に目を向けられなかった」というテーマもかすむ。

マリーナの死は、夫による毒殺であったことがほのめかされる。それを察したマープルが、同情を示す。原作通りのラストだが、あまり夫に同情できない。夫が若く、妻を愛する描写が少なかったため、マリーナと同じく、自分がやってしまったことに戦慄しているようだ。

ストーリーが同じでも、演出で受ける印象は変わる。マリーナをただ傲慢な弱虫に描いたのはもったいないと思う。

鏡は横にひび割れて

1980 クリスタル殺人事件 (アンジェラ・ランズベリー 主演)

エリザベス・テイラーの演技に圧倒される。まさに往年の大女優。

1992 鏡は横にひび割れて (ジョーン・ヒクソン 主演)

シリーズ最終回として、マープルの老いが描かれる。マリーナは頑張っているが、まだ足りない。

2011 鏡は横にひび割れて (ジュリア・マッケンジー 主演)

クラドック警部の代わりにバントリー夫人が相棒に。マリーナが傲慢すぎて、さっぱり同情できない。

2018 大女優殺人事件 鏡は横にひび割れて (黒木瞳 主演)

大女優が複雑な人物として描かれるが、探偵が事件以外に興味を示さず、なにも響かない。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫
声:八千草薫
ゆっくり文庫
ゆっくり文庫
奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

Share

Next