レビュー  1987年02月08日  に発表された 

復讐の女神 / ミス・マープル (8)
Miss Marple / Nemesis

4ツ星

裁きをゆだねる

あらすじ

亡くなった友人から、犯罪捜査の依頼を受けたミス・マープル。しかし事件の詳細は伏せられ、バスツアーに参加するよう手配される。このツアーの中で、マープルがなにかに気づくことを期待されているようだ。

ネタバレ含む感想

ラフィール氏はマープルに「裁き」をゆだねた。情に流されず、ただ事実のみを明らかにするネメシス。あるいは魔女。ラフィール氏は亡くなってしまったが、顛末を知れば満足するだろう。『カリブ海の秘密(1989)』を先に見ていたので、とても感慨深い。
ラフィール氏にもう少し出番がほしかった。


 Googleで「復讐の女神 / ミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「復讐の女神 / ミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Miss Marple / Nemesis」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000CIXJUI
思考回廊 レビュー
復讐の女神 / ミス・マープル (8)