レビュー  2005年01月02日  に発表された 

予告殺人 / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S1E4)
Agatha Christie's Marple: A Murder is Announced

4ツ星

「お金に、取り憑かれていたのね」

あらすじ

ある村の新聞に「殺人のお知らせ」という広告が掲載される。リトル・パドックスという下宿屋で殺人を行うという内容だった。その広告を見た数人の村人が興味津々で下宿屋へと集まってくる。そして、新聞に予告された指定の時刻に、部屋の灯りが突然消える。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

ストーリーはだいぶ改変されているが、ラストは壮絶。秘密を守るため、やりたくもない殺人を連鎖させていく犯人があわれだった。マープルさんも泣きそうな目で犯人を追求する。超然としていたヒクソン版にはなかった演出だ。

「準備は楽しかったでしょ」
マープルさんは心の中まで暴いてしまう。犯人は絞首刑に送られる前に、マープルさんに殺されている。しかしマープルさんは職業探偵ではない。無関係な老婆が好奇心で人を殺している。そう考えると、涙の1つも見せなきゃ危ないかもしれない。

 Googleで「予告殺人 / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「予告殺人 / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Marple: A Murder is Announced」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009DEMFWK
思考回廊 レビュー
予告殺人 / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S1E4)