[Edit]
[レビュー2004年04月26日に発表された 

ホロー荘の殺人 / 名探偵ポワロ #53 (デビット・スーシェ主演)

The Hollow / Agatha Christie's Poirot #53

ポワロ視点じゃ楽しめない

あらすじ

アンカテル卿に招かれホロー荘を訪れたポワロは、プールで血を流す男(ジョン・クリストウ:医師)と、拳銃を手に傍らに立つ女(ガーダ・クリストゥ:ジョンの妻)という芝居じみた光景を目にする。それは余興ではなく、本物の殺人現場だった。

アンカテル家の面々は悪人ではないが、近くにいてほしくない人物ばかり。なので殺人が起こるとホッと安堵したが、その後もうざい日常がつづき、げんなり。

だれもが疑わしいのは、だれかを守っているため──。ポワロの謎解きによって、なるほどと納得する。しかしこれほど愛される犯人も珍しい。射殺された被害者さえ、犯人を責めなかった。たっぷり日常を見たのに、ここまで愛されるのは不可解。なんだかんだで情に厚い人たちと思いたいが、そうなんだろうかねぇ。

ポワロがいるときといないときで態度が変わる人もいるため、ポワロ視点では楽しみにくい作品だった。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford) マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes) ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson) ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan) ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie) ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
声:八千草薫 声:八千草薫
ゆっくり文庫 ゆっくり文庫
ほか
奥さまは名探偵
ほか そして誰もいなくなった 検察側の証人 ほか

Share

Next