レビュー  2008年10月02日  に発表された 

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 パディントン発4時50分
le crime est notre affaire / crime is our business

2ツ星

3作目はキャラクターだのみ

『奥さまは名探偵』(2005)、『ゼロ時間の謎』(2007)につづく3作目は、プリュダンス夫妻の続編となった。ミス・マープルシリーズの『パディントン発4時50分』を、雪山を舞台に翻案している。事件の展開は同じで、目新しさはない。実際、事件は映画の部分しかなく、見どころは熟年夫婦の掛け合いだった。

妄想で会話したり、絵がしゃべったり、コミカルな表現がつづき、「世界で一番笑えるジョーク」で終了する。プリュダンス夫妻が好きな人は楽しめるが、『パディントン発4時50分』を見たかった人には物足りなく思えるだろう。そんな映画だった。

 Googleで「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 パディントン発4時50分」を検索する
 Wikipediaで「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 パディントン発4時50分」を検索する
 IMDBで「le crime est notre affaire / crime is our business」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004NIFQEU
思考回廊 レビュー
アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 パディントン発4時50分