[Edit]
[レビュー2017年03月25日に発表された 

そして誰もいなくなった (全2話/日本)

And Then There Were None

意気込みはよかったが...

舞台を現代日本に移し、数え唄も和風アレンジ。「自然回帰」をテーマに携帯電話、通信機器を没収。オープン前のホテルという設定で、船がない不自然さを隠す。よう考えたね。冒頭で10名が全滅したことを示し、現在と過去を行き来しつつ謎を解く構成も悪くない。こういうチャレンジは好きだ。

しかし本編映像は雑。2015年の英国ドラマ「そして誰もいなくなった」と類似するシーンが多く、イメージの貧弱さ、あるいは手抜きを感じさせる。4時間以上の長尺だから、同じようなシーンが連続する。大物俳優たちの大げさな演技もあって、だんだん注意力を失っていった。
これほど有名で、何度も映像化された作品なのに、犯人が「かつてなかった犯罪」と連呼するのも虚しく響く。

登場人物たちの経歴も華々しいと言うか、設定を盛りすぎている。

  • 家庭教師 ... 美人で、元水泳選手の世界水泳金メダリスト。人がいっぱいいるプールで、教え子を溺死させる超能力者。
  • ミステリー作家 ... イケメンで、元アマチュアボクサー。サラリーマンを撲殺しておきながら、作家デビューを果たしたなんて恐れ入る。交通事故で十分なのに。
  • 裁判長 ... 現代日本において、あいまいな証拠で死刑判決なんて出せるのかいな。アレンジ不足。額を撃ち抜かれ、動かすことができないのに、裃のコスプレをしていたのは不自然。また家庭教師の悲鳴を聞いてから着替えたのも無理がある。
  • 調査員 ... 善意から偽証したようだが、だからといって免罪されるわけでもなく、モヤモヤした印象を残す。探偵が撲殺されたとき、家庭教師と軍事評論家はいっしょにいたのだから、どっちが殺したかで争うのは馬鹿げてる。
  • 元国会議員 ... 妻の愛人をテロで爆殺って、荒唐無稽だろ。警察が見落とした殺意にオーエンが気づいたというのも不可解。
  • 軍事評論家 ... 元傭兵で、過酷な実戦経験もあるのに、銃の管理はいい加減。硝煙反応を調べることもない。やられっぱなし。トーシロか。

もっと大胆なアレンジが欲しかった。たとえば、

妄想リメイク

台風の夜、島のホテルから救援要請が入る。ホテルで殺人事件が発生し、建物の中に殺人犯がいると言う。すでに3人殺されていた。しかし船もヘリコプターも出せないため、警部はひとりずつ話を聞いて、注意すべき箇所を指示するだけ。
やがて電波状況も悪化。メールと写真で状況を追うが、やがて返事が途絶える。
台風一過。島に上陸すると10名全員が殺されていた。警部は殺人の順序を再構築する。

ここまで練り込むくらいなら、オリジナルストーリーにするか。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫
声:八千草薫
ゆっくり文庫
ゆっくり文庫
奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

Share