[Edit]
[レビュー1987年12月31日に発表された 

そして誰もいなくなった (ソビエト)

Desyat negrityat, Десять негритят

ヴェラ、かわいい

ソビエト連邦で制作された「そして誰もいなくなった」。ロシア人の役者が、ロシア語で会話しているが、登場人物の名前や経歴はオリジナルに準じる。罪状や数え唄も変わらない。もっとソビエト風にアレンジされていると思っていた。

いちばん戸惑うのは、《家庭教師》ヴェラ・クレイソーンがあどけない美少女だってこと。序盤は目立たないが、死体を見てけらけら笑ったり、いかつい《大尉》とくっつくなど、目を離せなくなっていく。

残された2人は、海へ降りる階段で対峙する。波が荒くて、流されないかハラハラする。たっぷり濡れたヴェラの眼差しが印象的。ラストは小説版。さいわいなことに、彼女は黒幕の存在に気づかなかったが、やはり後味が悪い。

ロケ地となったスワローズ・ネスト、およびヴォロンツォーフ宮殿はきわめて豪奢。調度品も美しく、全体的に明るい。孤島に建てられたように見えないが、ほかの映像作品にない雰囲気があった。

これ1本でロシア映画の傾向を語ることはできないが、見慣れない演出が多い。回想シーンのモノクロフィルタが好き。アフリカの原住民に沼から襲ってくる悪夢はヤリスギ。雨の窓を叩くベアトリスなど、ホラー風味の演出もある。

おもしろいかと問われると微妙だが、「そして誰もいなくなった」のロシア版として見ると楽しめた。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫
声:八千草薫
ゆっくり文庫
ゆっくり文庫
奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

Share

Next