レビュー  2006年02月05日  に発表された 

スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E1)
Agatha Christie's Marple (Sleeping Murder

2ツ星

「その方は、なにをする人なの?」「謎を解くんです」

あらすじ

インドで育ったグエンダは結婚して、イギリスで新生活をはじめることになった。直感に従って一軒家を買い取って改修すると、はじめて訪れた家なのに間取りや過去の壁紙がわかってしまう。不安に駆られたグエンダ。付添の弁護士フェーンは、相談相手としてミス・マープルを紹介する。

吹き替えが岸田今日子から草笛光子に変わった。だいぶ印象が異なるが、すぐ慣れて、甲乙つけがたくなる。岸田今日子の異質さ、草笛光子の柔らかさ、どちらもいい。

アガサ・クリスティーの死後に発表された作品で、「ミス・マープル 最後の事件」と位置づけられるが、最後らしい要素はまったくない。事件もちぐはぐで、魅力はない。

そのせいか本作は導入部だけ残し、本編はほぼオリジナルに改変されている。ヘレンは旅芸人で、将来を嘱望されていたがケルヴィンと結婚し、行方不明になった。グエンダの母はべつにいるため、父(ケルヴィン)が浮気相手を殺したかどうかが焦点となる。

しかし盛り上がらない。ヘレンの死体が見つからないため、グエンダの記憶が正しかったと証明されず、物語への興味が損なわれている。マープルさんの世間話で情報を聞き出すシーンも少ない。盗んだ宝石をもっていたとか、妹とヘレンが同一人物だったとか、おもしろいトリックはあったのだが。

オリジナル・キャラクターのホーン・ビームはよかった。グエンダを避難しつつも、報って置けず、やらないと言っていた膝をついたプロポーズも敢行。曖昧な出来事がつづく中、確かな興奮があった。

 Googleで「スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Marple (Sleeping Murder」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001ELXKB0
思考回廊 レビュー
スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E1)