レビュー  2006年02月05日  に発表された 

スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E1)
Agatha Christie's Marple (Sleeping Murder

2ツ星

「本能に従うことにしているの」

あらすじ

インドで育ったグェンダは、結婚準備のため初めて故郷イギリスの地を訪れる。早速、新居探しを始め、海の近くの町にある屋敷に一目ぼれ。リフォームに取りかかるが、初めて訪れたはずなのに、家の様子が手に取るようにわかっていた。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

吹き替えが岸田今日子から草笛光子に変わった。だいぶ印象が異なるが、すぐに慣れて、甲乙つけがたくなる。岸田今日子の異質さ、草笛光子の柔らかさ、どちらもいい。

アガサ・クリスティーの死後に発表されたミス・マープルさん最後の事件だが、内容はぱっとしない。そのせいかシーズンフィナーレではなく最初にもってきている。
本作の魅力は快活なグェンダと誠実なホーンビームのカップリング。グェンダを非難しつつも放っておけないといい、やらないと言っていた膝をついたプロポーズを敢行する。曖昧な出来事がつづく中、確かな興奮があった。

事件には興味を持てなかった。ミステリーの不足をドラマでカバーしたエピソードだった。

 Googleで「スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 Wikipediaで「スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Marple (Sleeping Murder」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001ELXKB0
思考回廊 レビュー
スリーピングマーダー / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S2E1)