[Edit]
[レビュー2007年09月23日に発表された 

バートラム・ホテルにて / アガサ・クリスティーのミス・マープル (S3E1)

Agatha Christie's Marple: At Bertram's Hotel

時代が変わっていくというテーマ

あらすじ

マープルさんは、少女の頃宿泊したバートラム・ホテルを訪ねる。当時とまったく変わらないバートラム・ホテルは、今も活気にあふれていた。マープルさんは若き友人セリーナと会い、彼女から、亡き大富豪リチャード・ブレイク卿の遺言状読み上げが行われることを聞く。

(c) ITV PLC  (c) ITV UK / Film Afrika Worldwide

登場人物が多く、複数の事件が並行するため、非常にわかりにくい。ヒクソン版を見てるのに混乱してしまった。しかし本作の見どころは「もう1人のジェーン」だろう。クライマックスの謎解きでは、マープルさんと競うように推理を披露しつつも、師を立てるところは立てた。ちょっとヤリスギだ。私が宿泊客なら、眼前で繰り広げられる寸劇に唖然としたことだろう。さいわい私はドラマの視聴者なので楽しめた。

重要なのは事件ではなく、2人のジェーンの対比だ。ラスト、ホテルメイドのジェーンはバード警部補からプロポーズを受け、職を辞し、女性警察官を目指すという夢を語る。
「そうね、私があなたくらいのころは、そんなこと考えられなかったわ。でも、憧れてた。時代は変わっていくのよ。きっといい方へ。どうぞがんばって」
ジェーンと声をかけられ2人同時に振り向くが、呼ばれたのは若いジェーン。なんというか、切ないシーンだった。

「どうしたらあなたのようになれるのかしら」
「年を取ればいいのよ」
若さを尊ぶだけじゃないところがいいね。

バートラム・ホテルの雰囲気は、マープルさんが少女時代に訪れた時と変わっていなかった。マープルさんはそれを不自然に思い、事件が起こる前から調査を開始する。第二次世界大戦前と同じサービスを提供することは、そんなに不自然なんだろうか? ヒクソン版を見たときは奇妙に感じたことが、マクイーワン版で解消された。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫
声:八千草薫
ゆっくり文庫
ゆっくり文庫
奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

Share