[Edit]
[レビュー1988年04月15日に発表された 

死海殺人事件 / 名探偵ポワロ (ピーター・ユスティノフ主演)

Appointment With Death

ボイントン夫人の存在感

『名探偵ポワロ #61 死との約束』(2009)と比較するために鑑賞したが、ここまで展開が異なるとは思わなかった。後発のデビット・スーシェ版の方が乖離しているらしい。そのせいか、本作の方がまとまりがいいように思う。
最大のちがいはボイントン夫人。相手に有無を言わせぬ存在感が、物語を引き締めている。ミスディレクションも見事だった。ポワロの推理を聞くまで犯人はわからないが、話を聞けば納得できる。おもしろかった。

ピーター・ユスティノフのポワロは肥満体で、お茶目で、若い娘さんが好きで、うわさ話の収集が得意な好々爺だった。デビット・スーシェのような鋭さ、偏屈さはないが、これはこれで悪くない。ただ、立ち位置がミス・マープルに近すぎるか。

似つかわしくない逃走劇や、推理の場を途中で変える演出は、映画の尺を合わせるためだろうか。いささか冗長な印象を受ける。また犯人がわかっても逮捕しないことに、なんらかの説明がほしかった。
ラストで死者に恩情をかけるところが印象的。こうなることがわかっていても、ポワロは真実を暴いてしまう。好々爺と思わせて、冷酷。しかし情けもある。それが老探偵の魅力かもしれない。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford) マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes) ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson) ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan) ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie) ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
声:八千草薫 声:八千草薫
ゆっくり文庫 ゆっくり文庫
ほか
奥さまは名探偵
ほか そして誰もいなくなった 検察側の証人 ほか

Share

Next