レビュー  2008年09月14日  に発表された 

マギンティ夫人は死んだ / 名探偵ポワロ #58 (デビット・スーシェ主演)
Agatha Christie's Poirot #58 Mrs McGinty's Dead

3ツ星

愚かな証言者

今回の事件で厄介だったのは死刑判決を受けた間借人ベントリー。彼の無実を訴えているが、今ひとつピントが合わないため、疑わしく見える。まぁ、そういう人物だからこそ事件に巻き込まれたわけで、真相が明らかになったあとでは、さもありなんと思える。「こういう状況では、こういう反応をするはず」という思い込みは怖い。

事件の構造はかなり特殊で、あまり興味をそそられなかった。それよりポワロとオリヴァ夫人の掛け合いの方がおもしろかった。


 Googleで「マギンティ夫人は死んだ / 名探偵ポワロ #58 」を検索する
 Wikipediaで「マギンティ夫人は死んだ / 名探偵ポワロ #58 」を検索する
 IMDBで「Agatha Christie's Poirot #58 Mrs McGinty's Dead」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003ZX8FFQ
思考回廊 レビュー
マギンティ夫人は死んだ / 名探偵ポワロ #58 (デビット・スーシェ主演)