レビュー  1974年11月24日  に発表された 

オリエント急行殺人事件 (アルバート・フィニー主演)
Murder on the Orient Express

4ツ星

これほどエレガントな殺人事件もない

豪華な舞台に、豪華なキャスト。手際がよく、納得できる殺人事件。犯人は言い逃れも抵抗もしない。これほどエレガントな殺人事件もないだろう。
そんな中、ポワロのきつーい性格が際だつ。高圧的で、神経質で、頭の良さをひけらかし、愛嬌のカケラもない。そんなポワロの「毒」も、本作にかぎっては彩りの1つになっている。これはこれで、素晴らしいポワロだと思う。
余談だが、アルバート・フィニーは上映当時38歳だったそうだ。デビット・スーシェもそうだが、ポワロを演じる役者は化けるね。

事件解決と同時に除雪され、列車が動き出す。緊迫感が解消され、じつに心地よい。エレガントな映画だった。


 Googleで「オリエント急行殺人事件 」を検索する
 Wikipediaで「オリエント急行殺人事件 」を検索する
 IMDBで「Murder on the Orient Express」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000YGFPQ4
思考回廊 レビュー
オリエント急行殺人事件 (アルバート・フィニー主演)