[Edit]
[レビュー2009年12月25日に発表された 

死との約束 / 名探偵ポワロ #61 (デビット・スーシェ主演)

Appointment with Death / Agatha Christie's Poirot #61

ポワロはどこまで予見していたか?

例によって前半はだれる。殺人が起こってからも淡々としたもので、注意力が途切れそうになった。おもしろいのはラストの推理披露シーン。各位の思いをふまえながら真実を突きつけていくやり方は、金田一耕助を彷彿させる。推理ものはトリックよりドラマが印象を左右する。

事件が起こったとき、ポワロは「来るべきものが来たと」いう顔をした。ボイントン夫人が殺されることを予見していたのだろう。ならば阻止することもできたはず。死の約束は避けようがない、と考えたのか? それは間接的な殺人と言えなくもないか?

『死海殺人事件』(1988)に比べると、ボイントン夫人がまったく別物。虐待による支配は安直だが、わかりやすいとも言える。また遺跡の偽造、人身売買を絡めるのも、いささか強引だ。しかし「死との約束」のエピソードがうまく組み込まれていたと思う。

アガサ・クリスティ
ポワロ
デビット・スーシェ (David Suchet) デビット・スーシェ (David Suchet)
ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov) ピーター・ユスティノフ (Peter Ustinov)
声:里見浩太朗 声:里見浩太朗
  • アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
  • グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
  • 安マンションの謎
  • ABC殺人事件
  • 総理大臣の失踪
  • エジプト墳墓の謎
  • エンドハウス怪事件
  • クリスマスプディングの冒険
  • プリマス行き急行列車
  • 消えた料理人
  • 二十四羽の黒つぐみ
  • ダブンハイム失踪事件
  • 雲の中の死
ポワロ
ミス・マープル
マーガレット・ラザフォード (Margaret Rutherford)
マーガレット・ラザフォード
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)
アンジェラ・ランズベリー
ヘレン・ヘイズ(Helen Hayes)
ヘレン・ヘイズ
ジョーン・ヒクソン (Joan Hickson)
ジョーン・ヒクソン
ジェラルディン・マクイーワン (Geraldine McEwan)
ジェラルディン・マクイーワン
ジュリア・マッケンジー (Julia McKenzie)
ジュリア・マッケンジー
声:八千草薫
声:八千草薫
ゆっくり文庫
ゆっくり文庫
奥さまは名探偵
ほか
検察側の証人
そして誰もいなくなった
ほか

Share