[レビュー1995年08月30日に発表された 

マジック・ダイナソー Magic in the water

モンスター 主人公は子ども 動物パニック
更新日:2009年10月17日(土) 17:49 [Edit]

子ども向け……だね

どのへんに見どころがあるのか、よくわからなかった。テンポは悪いし、盛り上がりもない。伝承を知るインディアンや、おかしくなったお父さんには、もっと活躍してほしかった。子ども向けの映画とは思うが、これで子どもが喜べるかどうかは微妙。

オーキーはオレオのクリームだけ舐めたり、大人たちに精神観賞したり、恐竜と言うよりはファンタジー的な怪獣。しかしタイトルに「マジック」とつけるほどの神秘性はない。造形もちゃちなので、むしろ姿を見せない方がよかったのではないか。
子どもに自然保護の精神を抱かせようにも、対象が非現実の存在では効果もうすい。オッキーは守ってあげたいが、芸の怪物は無視されそう。

最初から最後まで、ふわふらした印象の映画だった。

関連エントリー