炎の少女チャーリー Firestarter

1984年 外国映画 2ツ星 超能力 @S.キング

チャーリーが暴れ狂うところを見たかった!

見たかったのは、超能力者の恍惚と不安、そして暴走。その瞬間を見るために逃避行を見守ってきたわけだが、ラストの暴走は期待するほど大きくなかった。いや、特撮はがんばっているのだが、しょぼさは否めない。
最大の原因は、チャーリーの内面描写がないこと。それ以前に無表情すぎる。かわいいんだから、怖がったり、戸惑ったりしてほしいのに。情感豊かな美少女が、暴走して無表情になる。あるいは無表情な美少女が、暴走してケタケタ笑い出す。どちらでもいいから、変化がほしかった。

それでもチャーリーは超能力少女の代名詞になっているんだから、プロットの秀逸さは驚嘆させられる。あるいは、D.バリモアの無表情さが、観客の想像力をうまーく刺激したのかもしれない。

関連エントリー

1984年 外国映画 2ツ星 超能力 @S.キング
キャリー

キャリー

Carrie
1976年の外国映画 ★3

救いのない物語 ストーリーは至ってシンプル。切り詰めれば30分で終わるだろう。ストーリー中毒の私にとっては冗長だし、もう少し人物描写してほしい。母親がおかしくなった理由、キャリーが (...)

キャリー (リメイク)

キャリー (リメイク)

Carrie
2013年の外国映画 ★2

能力をコントロールしても駄目 場所やセリフはちがえど、オリジナル(1976)をそのまま再現している。決定的に異なるのは、キャリーが能力を肯定的に捉え、使いこなせるところ。クロエ・グ (...)

ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー

DREAMCATCHER
2003年の外国映画 ★2

ものすごく意表をつかれる作品。しかしパッとしない とにかく展開が読めない。 怖いシーンはあるんだけど、わけがわからない印象の方が強い。 基本は『スタンド・バイ・ミー』。出だしは心霊 (...)

グリーンマイル

グリーンマイル

The Green Mile
1999年の外国映画 ★4

死刑囚と看守、そして私たちの物語 えん罪や死刑について考える映画と思っていたが、さらに奥が深かった。「グリーンマイル」というタイトルがラストで意味を持つ構成もうまい。おもしろかった (...)

デッドゾーン

デッドゾーン

The Dead Zone
1983年の外国映画 ★4

それは能力の死角。 私がレンタルビデオ屋の会員になって最初に借りた10本の1つ。『トワイライト・ゾーン』のようなものと思って見たから、初見時はアリキタリな話と思った。 2021年に (...)

スティーヴン・キング/地下室の悪夢

スティーヴン・キング/地下室の悪夢

GRAVEYARD SHIFT
1990年の外国映画 ★2

ザ・B級モンスターホラー。 片田舎の縫製工場に潜む怪物ネズミの集団の恐怖を描く。原作はスティーヴン・キングの短編小説。 展開が遅く、関係ないシーンばかりで、かなり退屈。ラスト10分 (...)

ページ先頭へ