アイ,ロボット I, Robot

2004年 外国映画 3ツ星 サイボーグ ロボット:自律型 刑事・警察

なんじゃこりゃ?

アシモフはロボット工学三原則によって、ロボット=人間に反旗を翻すもの、という概念(フランケンシュタイン・コンプレックス)を駆逐した。その思いが詰まった短編集「われはロボット」と同じタイトルで、まさかロボットの叛乱を見るとは思わなかった。ひどい。タイトル詐欺だ。

アシモフの原作を忘れても、奇妙な点が多い。ウィル・スミスが演じるスプーナー刑事は、たとえ事故があったにせよ、未来世界に生まれ育ったとは思えない性格だ。現代からタイムスリップしたデモリションマンと言われる方が納得できる。
黒幕の存在も、サニーが自殺幇助した経緯も、ロボットが自我に目覚めるラストも唐突だ。未来世界を舞台にしたアクション映画を撮りたかったようだが、それならそれで、もっとシンプルなストーリーにすればいいのに。

ゆっくり文庫

腹立たしかったので、私なりに翻案した動画を作成した。ぜひ見てほしいし、できれば短編集も読んだもらいたい。

関連エントリー

2004年 外国映画 3ツ星 サイボーグ ロボット:自律型 刑事・警察
ロボコップ (リメイク/ジョゼ・パジーリャ監督)

ロボコップ (リメイク/ジョゼ・パジーリャ監督)

RoboCop
2014年の外国映画 ★3

SFマインドを外してくれた シリーズ4作目にして、27年目のリブート。SF映画としては落第だが、ただのアクション映画として、そこそこ楽しめた。 ロボコップが投入される理由が「法規制 (...)

ロボコップ3

ロボコップ3

RoboCop 3
1992年の外国映画 ★2

「ロボコップと呼べ!」 原点回帰を目指したようだが、成功したとは言えない。2作目よりマシだが、まぁ、その程度。人間と機械の狭間で戦う孤独な男は、よくあるアメリカンヒーローになってし (...)

ロボコップ2

ロボコップ2

RoboCop 2
1990年の外国映画 ★3

ロボコップの立場は? 前作以上に過激だが、基本的なプロットは変わらない。麻薬ヌークをばらまいたのはオムニ社だったとか、少年犯罪者の目的がヌークの撲滅だったとか、そーゆー驚く展開はま (...)

ロボコップ

ロボコップ

ROBOCOP
1987年の外国映画 ★4

ほいきた、それゆけ、ロボコップ! ロボコップ、かっこいいよね。カクカクした動き、容赦ない対応がたまらない。ロボコップを支える無慈悲な企業や、役に立たない同僚たちもたのもしい。 これ (...)

イノセンス

イノセンス

Innocence: Ghost in the Shell 2
2004年のアニメ ★3

押井守の悪いところが噴出してしまった 2つの不満がある。 1つ目は、CGを使いすぎ。 『攻殻機動隊』までは味付け程度だったのに、本作ではクドいほど前面に押し出されている。あまり (...)

キル・コマンド

キル・コマンド

Kill Command
2016年の外国映画 ★2

ハーフヒューマンが邪魔だ。 戦闘ロボットが暴走して、兵士たちを襲いはじめた。 ありがちな設定だが、むしろ大好物である。ありふれた食材をどう料理してくれるか? それが楽しみで、ありが (...)

ページ先頭へ