[レビュー1987年06月10日に発表された 

サンタリア・魔界怨霊 The Believers

カルト モンスター:悪魔 家族
更新日:2009年08月27日(木) 17:33 [Edit]

オープニングがいちばん強烈

なんでもない朝、いきなり奥さんが感電死する。旦那と子どもが見ている前で、ガクガク震えて煙を噴くのだ。あまりにも強烈なので、なにか意味があるんだろうと思っていたが、なかった。オカルトもミステリーもない、ただの事故死だった。映画を最期まで見て、それがいちばんショックだった。

「サンタリア」という、「サスペリア」をもじったようなタイトルにだまされた。あるいは「魔界怨霊」といういかがわしい副題で気づくべきだった。