トワイライト・サーガ / ブレイキング・ドーン Part2 The Twilight Saga: Breaking Dawn Part 2

2012年 外国映画 2ツ星 SF:新人類 ★妄想リメイク モンスター:吸血鬼 恋愛 超能力

代償のない物語

ベラの吸血鬼ライフは快適そのものだった。感覚は鋭敏で、筋力は強大無比。それでいて外見の美しさはキープ。セックスも飽きるまでつづけられる。吸血衝動もなんなく自制できた。おまけにシールド能力に目覚め、吸血鬼一族の中でも稀少な存在になった。しかし人間としての暮らしは捨てざるを得ないだろう。ベラは覚悟していたが、ジェイコブのはからいで現状維持できた。
素晴らしい。得るものばかりで、失うものがない──。
これじゃ渋ってきたエドワードの立場がない。せめてベラが人間でなくなったことに哀切の意を示してくれればよかったのだが、まぁ、恋に夢中の年若い娘にそんな感慨がわくはずもないか。

これはハッピーエンドなんだろうか? ラブラブな関係が何世紀もつづくとして、それはハッピーか? そうだとしても、もう私たち人間には理解できない。共感もできない。勝手にやってくれ。

シリーズ5作を見てきたが、結末の安直さに愕然とした。1作目でベラを吸血鬼にしちゃえば解決する物語だった。

妄想リメイク

ベラとエドワードは三老師の首を落とすが、それでもヴォルトゥーリ族は退かなかった。
ベラ「どうして? もう戦う意味なんてないのに!」
エド「撤退を許可する者がいないんだ。3000年におよぶ支配で彼らは思考力を奪われている。もう死ぬまで戦うしかない。不死の吸血鬼は、これほど愚かな生き物だったのか」

落胆した瞬間を突かれ、ふたりは致命傷を負う。仲間たちに救われるが、もう助からないだろう。
双方に多大な犠牲を出して戦いは終わった。どちらの勝利とも言えない。

エド「カレン。すまない。きみを、こんな戦いに、巻き込んでしまって」
血を吐きながらエドが詫びるが、ベラは笑顔を見せた。
ベラ「ちがうわ。永遠のいのちが欲しかったわけじゃない。あなたと生きて、あなたと死にたかった。私たちが死んでもレネズミは生きる。ジェイコブなら絶対に守ってくれる。エドワード。あなたに逢えてよかった。あなたに愛されてうれしかった!」
エドは笑顔を浮かべて死んだ。ベラは、エドの髪を撫でながら歌う。歌声は闇に消えていった。

(おわり)

トワイライト・サーガ
トワイライト

関連エントリー

2012年 外国映画 2ツ星 SF:新人類 ★妄想リメイク モンスター:吸血鬼 恋愛 超能力
PUSH 光と闇の能力者

PUSH 光と闇の能力者

Push
2009年の外国映画 ★4

テレビドラマのパイロット版か? あらすじ ナチスがはじめた超能力兵士の研究は、戦後「ディビジョン」という超国家組織に引き継がれた。ディビジョンは市井の超能力者を野生動物のように狩り (...)

LUCY/ルーシー

LUCY/ルーシー

LUCY
2014年の外国映画 ★3

いやいや、アリですよ 脳の覚醒度がアップすると、賢くなるんじゃなくて、進化するのがポイント。人間の脳にそこまでのポテンシャルがあるとは思えないし、ましてや麻薬で引き出せるはずがない (...)

地球最後の男

地球最後の男

The Last Man on Earth
1964年の外国映画 ★4

もっとも原作に忠実な映画化 リチャード・マシスンのSF小説『I Am Legend』の、最初の映画化。古いし、モノクロだから、テンポが悪いことは否めないが、見るべき点は多い。原作者 (...)

アイ・アム・レジェンド: もう1つのエンディング

アイ・アム・レジェンド: もう1つのエンディング

I Am Legend: Original Ending
2008年の外国映画 ★5

なぜ、このエンディングが没になったのか!? わずか7分間で、映画の意味がひっくり返ってしまった。本編の自爆エンドは釈然としなかったが、これなら納得できる。てゆーか、これ、予告編に使 (...)

地球最後の男オメガマン

地球最後の男オメガマン

The Omega Man
1971年の外国映画 ★3

あちゃー、カルト集団はやめてよ リチャード・マシスンの小説『吸血鬼』、2度目の映画化。無人のロサンゼルスをスポーツカーで乗り回し、マシンガンをぶっぱなし、ウッドストックを独りで楽し (...)

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンド

I Am Legend
2007年の外国映画 ★4

「レジェンド」は、そーゆー意味じゃない リチャード・マシスンの小説『吸血鬼』の3度目の映画化。1971年版と同じくレジェンドを英雄に置き換えたため、「価値観の逆転」が消えてしまった (...)

ページ先頭へ