アイ・アム・レジェンド: もう1つのエンディング I Am Legend: Original Ending

2008年 外国映画 5ツ星 SF:新人類 モンスター:吸血鬼 文明崩壊後

なぜ、このエンディングが没になったのか!?

わずか7分間で、映画の意味がひっくり返ってしまった。本編の自爆エンドは釈然としなかったが、これなら納得できる。てゆーか、これ、予告編に使われていたシーンじゃん。予告編を作ったときはこのエンディングだったのに、上映時に差し替えられたの? それをDVD購入者に限定公開するの? 劇場に足を運んだ人はなんだったんだ? 正直言って、劇場で見なくて正解だった。

人間の歴史は奪う/奪われるの繰り返しであり、本編の自爆エンドもそうだった。しかし別エンディングでネビルはマンハッタンを、つまり万物の霊長の座を明け渡している。奪われたわけではない。人類の未来に明るい展望はないが、それでも清々しさがある。原作小説をそのまま映像化するのではなく、新しいアプローチで同等のテーマを描いたのは素晴らしい。

なぜ、このエンディングが没になったのか? さっぱりわからない。

人類 vs 新人類
フランケンシュタインの怪物
I am legend
猿の惑星
X-MEN
仮面ライダー
ガンダム
特撮・アニメ
洋画

関連エントリー

2008年 外国映画 5ツ星 SF:新人類 モンスター:吸血鬼 文明崩壊後
地球最後の男

地球最後の男

The Last Man on Earth
1964年の外国映画 ★4

もっとも原作に忠実な映画化 リチャード・マシスンのSF小説『I Am Legend』の、最初の映画化。古いし、モノクロだから、テンポが悪いことは否めないが、見るべき点は多い。原作者 (...)

地球最後の男オメガマン

地球最後の男オメガマン

The Omega Man
1971年の外国映画 ★3

あちゃー、カルト集団はやめてよ リチャード・マシスンの小説『吸血鬼』、2度目の映画化。無人のロサンゼルスをスポーツカーで乗り回し、マシンガンをぶっぱなし、ウッドストックを独りで楽し (...)

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンド

I Am Legend
2007年の外国映画 ★4

「レジェンド」は、そーゆー意味じゃない リチャード・マシスンの小説『吸血鬼』の3度目の映画化。1971年版と同じくレジェンドを英雄に置き換えたため、「価値観の逆転」が消えてしまった (...)

トワイライト・サーガ / ブレイキング・ドーン Part2

トワイライト・サーガ / ブレイキング・ドーン Part2

The Twilight Saga: Breaking Dawn Part 2
2012年の外国映画 ★2

代償のない物語 ベラの吸血鬼ライフは快適そのものだった。感覚は鋭敏で、筋力は強大無比。それでいて外見の美しさはキープ。セックスも飽きるまでつづけられる。吸血衝動もなんなく自制できた (...)

クロノス・コントロール

クロノス・コントロール

Singularity
2017年の外国映画 ★2

「人間かどうかなんて関係ないわ」 ストーリー  人工知能「クロノス」が人類を滅ぼした未来。残った人類残党を抹殺するため、人間そっくりのロボット・アンドリューが送り込まれる。アンドリ (...)

太陽

太陽

Taiyou
2016年の日本映画 ★1

人類の知能が低下した未来。 新人類は、旧人類を差別したり搾取しているわけではない。村が貧しいのは犯罪の結果。新人類の警備員は武装せず、暴行されても事故扱い。人間同士よりぬるい。こん (...)

ページ先頭へ