[Edit]
[レビュー2007年04月28日に発表された 

スカルマン (全13話) THE SKULLMAN

かっこよさがわからない

致命的に説明不足なんだけど、それ以上に問題なのは「スカルマンのかっこよさ」がわからないこと。正体不明で、偽物が横行した分を差し引いても、その言動にヒロイックなものが感じられない。しかもスカルマンのアイデンティティは装着者ではなく、マスクに依存している。ヒーローは存在したのだろうか?

せめて隼人にかっこよさがあればよかったのだが......。霧子が惚れる理由がわからない。コイツのどこがいいの? スカルマンのデザインは悪くないが、敵となる獣人はあまりにステレオタイプ。まったく魅力がない。ラスボスもがっかり。そして、あのエンディング。いくらなんでも、あれはないだろ。サイボーグ009に接続しているようだが、唐突すぎる。

中盤で見るのがつらくなった。中盤で見るのをやめても、問題なかった。


Share

Next