猿の惑星・征服 Conquest of the Planet of the Apes

1972年 外国映画 4ツ星 SF:新人類

単なる反逆ものじゃない

あらすじ

1991年(前作から19年後)、コーネリアスが予言したとおり犬や猫が死滅したことで、猿たちが人間の主たるペットになった。人間は猿たちを奴隷のように酷使した。コーネリアスの息子・シーザーは施設で同族が虐待されるのを見て、ショックを受ける。また自分を育ててくれた人間が死に追いやられたことで、復讐を決意する。一方、人間たちは知性ある猿を捕まえようと包囲網を狭めていた。

ストーリーは単純。ストレスをためて、ためて、ためて、一気に爆発させるだけ。シーザーは内心を語らないので不安が募る。それはシーザーが、単純なヒーローでないことを暗示している。
ラストのシーザーと黒人の会話は印象的だった。暴力に訴えることは、まちがっているだろう。だがしかし、ほかに方法があっただろうか? シーザーは最初から人間を憎んでいたわけじゃない。どうしてペットから奴隷にした? シーザーは仲間が虐げられたことより、運命そのものに怒っているようだった。

映像はチープだし、演出不足も目立つが、全体的な満足度は高かった。SFマインドがあふれている。
最後に、個人的な思いつきをメモしておく。

  • シリーズ共通のテーマである「知性の証明」だが、本作はいささか弱い。『新・猿の惑星』とちがって知性ある猿が存在することは前提条件なのに、人間たちの追跡法は原始的だった。もし人間がプライドを刺激するような罠──知性があることで避けられない罠──を仕掛けていたら、シーザーは回避できただろうか? それは同時に、人間が猿の知性を認めた証拠にもなる。
  • 一部の猿が人間の支配を受け入れていたら、物語はいっそう複雑化したにちがいない。シーザーにはテレパシー能力があるから、言うことを聞かない裏切り者を矯正できる。だがそれは、人間がやってきた支配と同じことになる。

人類 vs 新人類
フランケンシュタインの怪物
I am legend
猿の惑星
X-MEN
仮面ライダー
ガンダム
特撮・アニメ
洋画

関連エントリー

1972年 外国映画 4ツ星 SF:新人類
シドニアの騎士 あいつむぐほし

シドニアの騎士 あいつむぐほし

Knights of Sidonia: Ai Tsumugu Hoshi
2021年のアニメ ★3

第3期、第4期が欲しかった! そして... 原作の後半を2時間の映画で駆け抜けてしまった。身長差15mの恋ばかりクローズアップされ、シドニアが守るべき人類種とはなにか? という問い (...)

クロノス・コントロール

クロノス・コントロール

Singularity
2017年の外国映画 ★2

「人間かどうかなんて関係ないわ」 ストーリー  人工知能「クロノス」が人類を滅ぼした未来。残った人類残党を抹殺するため、人間そっくりのロボット・アンドリューが送り込まれる。アンドリ (...)

トランセンデンス

トランセンデンス

Transcendence
2014年の外国映画 ★2

超越できてません。  人類は小麦の奴隷、という考え方がある。人類はもともと気ままに狩猟生活を送っていたが、小麦を得て、これを栽培するため定住せざるを得なくなった。小麦のカロリーによ (...)

サイボーグ009VSデビルマン (全3話)

サイボーグ009VSデビルマン (全3話)

Cyborg 009 VS Devilman
2015年のアニメ ★3

なぜ混ぜた? 冒頭に出てきたアポロンと0014/エドワードを混同して、本編を回想シーンと思ってしまった。髪が赤いし、お姉さんがいるし、まぎらわしい。ヘレナも「サイボーグ009 怪獣 (...)

太陽

太陽

Taiyou
2016年の日本映画 ★1

人類の知能が低下した未来。 新人類は、旧人類を差別したり搾取しているわけではない。村が貧しいのは犯罪の結果。新人類の警備員は武装せず、暴行されても事故扱い。人間同士よりぬるい。こん (...)

黒蜥蜴 BLACK LIZARD

黒蜥蜴 BLACK LIZARD

BLACK LIZARD
2019年の日本ドラマ ★2

原作読んでる? また近未来が舞台。また黒蜥蜴は義賊。明智と恋仲になること以外、原作要素がない。いや、それさえも原作の持ち味に至らず。 しゃべるロボット、DNAを追跡するホログラムカ (...)

ページ先頭へ