ラザロ・エフェクト The Lazarus Effect

2015年 外国映画 2ツ星 SF ホラー モンスター:ゾンビ 死体蘇生 超能力

おもしろくなりそうで、ならなかった。

ストーリー

 大学の研究室チームが、死者を蘇生させる「ラザロ血清」を開発する。リーダーのフランクは、事故で死んだ婚約者ゾーイに血清を投与する。ゾーイは蘇生したが、邪悪になり、超能力を身に着けていた。研究室に閉じ込められたチームは疑心暗鬼に陥る。
 ゾーイはチーム全員を殺害すると、血清を投与して仲間にした。
(おわり)

 死んで生き返った人間を、以前のように愛せるか?
 自分が死んだという事実を受けいられるか?
 といったテーマは描かれることなく、理性あるゾンビものになってしまった。

 ゾーイがメンバーを襲う理由がわからない。実験の行く末を占う犬はあっさり退場。チームを監視していた企業も出てこない。おもしろくなりそうな要素は、すべて無駄になった。まさかの展開である。

 低予算映画ほど、脚本を練り込んでほしい。