[Edit]
[レビュー1990年04月14日に発表された 

超能力学園Z PART2 パンチラ・ウォーズ

Zapped Again!

ポジティブな主人公に超能力はいらない

題名に反して、パンチラはほとんどない。それどころかお色気要素もあまりなく、ふつうの青春ドラマに仕上がっている。しかし1作目ほどもたつかず、テンポよく展開するのはよい。

最大の問題は、主人公がポジティブなこと。いじめられっ子でも、引っ込み思案でもなく、勇気があって、喧嘩も辞さない。そんな人物に超能力は必要ない。正々堂々と張り合って、十分に勝利できるだろうから。根本的なところでまちがっているのは致命的。
冒頭、主人公は美女に誘惑される幻覚を見る。てっきり精神的にやばい人かと思ったし、その方がよかったのではないだろうか。

Share