[Edit]
[レビュー1999年03月25日に発表された 

弟切草 (PS)

Otogiri-sou

プレイするたびに選択肢と物語が増えていく!

同じ世界でいろんな行動(選択)をするんじゃなくて、行動によっていろんな世界に迷い込むんだね。プレイのたびに基本設定が変わるから、だいぶ混乱したよ。

しかも、選択肢が増えていく。どこでなにをすれば、どうなるのかが見えず、選択肢を総当たりするしかないのはつらかった。気に入ったエンディングがあっても2度と行けなかったり、同じエンディングを繰り返し見ちゃったりと、もどかしかった。かなりやり込んだつもりだけど、どのくらいクリアしたんだろう?
このへんの不満は『かまいたちの夜』で解消される。

しかし雰囲気はよかった。あえて3Dを使わず、写真を加工したり、ショートムービーにとどめたのは正解だと思う。よくも悪くも、エポックメイキングなゲームだった。

Share

Next