[Edit]
[レビュー1989年07月25日に発表された 

極黒の翼 バルキサス

LEGEND OF LEMNEAR

エログロ入門編

うるし原智志氏が企画、原案、絵コンテ、演出、キャラクターデザイン、作画監督、原画、動画を務めたファンタジーアニメ。共同作業じゃないから、うるし原氏の個性がもろに出ている。一般OVAだが、エロもグロも多い。美少女が意識を奪われ、乳房をもてあそばれる。柔肌を切り裂かれ、血を流し、殺されてからイヤボーン効果を発動させる。筋肉むきむきの美青年や、まつげの長い怪人など、美醜の感覚が狂ってくる。精神汚染に注意。

乳房をさらしても、平然とふるまうレムネアが印象的だった。乳房を隠したり、プロポーションを誇るわけでもない。ビキニアーマーで戦うくらいだから、羞恥心がないのかも。こういう描き方も、うるし原氏の個性だよね。とはいえ初期の作品だから、氏の本領発揮とはいえない。あくまでもソフトな入門編だ。

ストーリーは退屈すぎる。声優さんのがんばりに、絵柄が合ってない。音楽も盛り上がらない。見るべきは、うるし原氏の世界観だけ。のちの作品に比べれば格段にソフトなので、入門編にちょうどいい。

Share

Next