[Edit]
[レビュー2007年07月07日に発表された 

さよなら絶望先生 (第1期・全12話)

So long, Mr. Despair

毒をもって毒を制す

独特の演出センスだ。クセが強いので、好き嫌いは分かれるだろう。黒板ネタなんて早くて読めないし、読めても意味がわからない。内輪ネタとおぼしき中年男性の写真もうざい。とはいえ、ストレートにアニメ化してもつまらない。そもそも万人向けの漫画じゃないから、これはこれで大いにアリだろう。

原作で慣れ親しんだキャラたちも、声があるとだいぶちがう。どのキャラも耳に残るほど印象的だが、とりわけ可符香(野中藍)は衝撃的。にっこり笑って怖い。見事だ。

1クールで唐突に終わったのは惜しいが、これだけ毒のあるアニメはあまり長くない方がいいのかもしれない。


Share

Next