レビュー  2006年11月23日  に発表された 

ザ・スナイパー
THE CONTRACT

2ツ星

お父さん、なぜがんばる?

モーガン・フリーマンの役回りはいつもどおりで、なんら新鮮味がない。しかし問題は、ジョン・キューザック演じる元刑事の父親。彼はなぜ、あそこまで正義に執着するのか? 息子に父親の意地を見せたいという理由だけでは納得できない。なにかトラウマになるような過去──犯人の逃走を見逃したとか、があるかと思ったが、描かれなかった。極限状況での父と息子の対話がテーマかと思いきや、刑事アクションになってしまったのはガッカリ。

事件の背景もよく見えない。仕事をきっちり果たす暗殺者はかっこいいが、なんら恩義のない親子を守ろうとするのは解せない。FBIのおばちゃんも存在感があるけど、どんな信念で生きているのか知りたかった。
田舎の警官は、やっぱり田舎の警官でしかなかったのは笑えた。

 Googleで「ザ・スナイパー」を検索する
 Wikipediaで「ザ・スナイパー」を検索する
 IMDBで「THE CONTRACT」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001FYZOOW
思考回廊 レビュー
ザ・スナイパー