[Edit]
[レビュー2008年10月01日に発表された 

キャシャーン Sins (全24話)

CASSHERN Sins

オトシマエをつけなきゃならねぇ

この世界、この絵柄、この声、このパース! こういう作品を見たかった。"心地よい滅び"に、私はしびれまくった。

しかし話数が進んでも謎が明らかにされず、徐々にストレスがたまっていく。前提をひっくり返す展開があっても登場人物が動じないので、頭がおかしくなりそうだった。
最終話でもろもろ決着はつくものの、どうにも納得できない。ちゃんと落とすべきところに落としてくれよ。雰囲気だけでなく、ストーリーも楽しみたかった。

とはいえ、おもしろい作品だった。
殺戮癖のあるキャシャーン、ナンパされちゃうリューズ、寡黙なフレンダー、しぶすぎるブライキングボス。ぞわぞわするテレビシリーズだった。

Share