[Edit]
[レビュー1998年03月13日に発表された 

仮面の男 The Man in the Iron Mask

いい意味で裏切られた

王座を手に入れたフィリップは、豹変してしまうのではないか。三銃士たちも、高潔さを失うのでは? そんな予想は、ダルタニアンの介入でぶちこわし。先が見えなくなると、信念だけが輝く。おもしろい! そして、かっこいい!
ダルタニアンと三銃士は、老いてなお強く、賢かった。そして各自は求めていたものを手に入れる。信仰を、息子を、戦いの栄誉を、死に場所を……。しびれるぜ。

ディカプリオはトム・クルーズと同じで、けっこう悪役が似合う。本作は、これまでの純朴さと新しい悪辣さの両面があるので、いい転機になったのではないだろうか。

Share