インセプション Inception

2010年 外国映画 4ツ星 ★妄想リメイク 記憶操作 電脳

目がまわる快感

おもしろかった。しかし、難しい。「エクストラクション」の説明が足りないまま、さらに特殊な「インセプション」がはじまるから、ついていくのは容易じゃない。一度見ただけじゃ理解できず、何回も見なおした。すると、いくつかの不整合に気づく。

  • キックの効果が3階層目だけちがってないか?
  • 調合師もいっしょに夢を見て大丈夫か?
  • 誰の夢でもない虚無にどうして情報が残っているのか?
  • どうしてサイトーだけ老人になったのか?
  • そもそもサイトーはどういう人物か?

ストーリーを破綻させるほどの不整合ではない。勝手な解釈で補完できなくもない。なので、細かいことは切り捨てて、ストーリーの勢いを優先したのか? そうかもしれないし、そうでないかもしれない。
夢という曖昧なものに、ゲームのようなルールを設定し、かつ、それを無視する。観客は振り回されっぱなしだ。しかし、よくわからないことも本作の魅力になっている。それが意図した演出かどうかは知らないが、してやられたと思う。

おもしろかった。難しかった。でも、おもしろかった。

妄想リメイク

サイトーを主役にしたサイドストーリーを書いてみた。サイトーがコブとインセプションにこだわる理由を描いている。ぜひ読んでほしい。

関連エントリー

2010年 外国映画 4ツ星 ★妄想リメイク 記憶操作 電脳
バイオハザード: ザ・ファイナル

バイオハザード: ザ・ファイナル

Resident Evil: The Final Chapter
2016年の外国映画 ★1

10年か  2002年の初代「バイオハザード」はおもしろかった。シリーズ化を希望したが、出てみるとグタグタの嫁PV。気がつけば10年、6作目にしてフィナーレ。我ながらよく付き合った (...)

バイオハザードV リトリビューション

バイオハザードV リトリビューション

Resident Evil: Retribution
2012年の外国映画 ★1

存在しないゲームの映画化か 物語の中でも死は尊重したい。クローン、記憶操作、架空の都市、寄生生物、マインドコントロールなどと策を弄するのは感心しない。ストーリー的な意味もないから、 (...)

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG
2012年のアニメ ★2

覚悟していた以上にグタグタ。 2010年。当初は押井守が監督する予定だった。『攻殻機動隊』のセルフオマージュで、「Re」というタイトルに興奮した。石ノ森章太郎から受けた刺激に、どう (...)

The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島

The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島

The MISSING: J.J. Macfield and the Island of Memories
2018年のゲーム ★3

ゲームしながら小説を読むような  「LIMBO」(2010)、「Deadlight」(2012)、「THE CAVE」(2013)、「Woolfe」(2015)、「INSIDE」( (...)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne
2018年のゲーム ★2

雰囲気はよい  手書きの2D背景をシームレスに拡大・縮小させることで、奥と手前へ行き来する独特のパズルゲーム。ところどころで横移動できるが、主人公の位置は変わらない。パズルは大した (...)

アサシン クリード (PS3)

アサシン クリード (PS3)

ASSASSIN'S CREED
2007年のゲーム ★3

なぜ「1」と付けなかったのか あらすじ(結末まで)  青年マイルスは正体不明の研究所に拉致され、アムニスという装置にかけられる。アムニスは遺伝子に刻まれた前世の記憶を呼び覚ます。マ (...)

ページ先頭へ