[レビュー2011年02月05日に発表された 

毎日かあさん Mainichi Kaasan

夭折 実話に基づく 家族 病院
更新日:2013年07月04日(木) 13:21 [Edit]

宣伝パワーはすごい

同じ物語を2年連続で作った理由がわからない。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(2010)の方がずっとおもしろい。本作の興業収益がよかったのは、話題性と宣伝によるもので、映画の内容によるものじゃない。格が違いすぎる。

比べると文句しか出てこないので、これ以上は述べない。本作しか見てない人は、ぜひ『酔いがさめたら-』を見てほしい。

関連エントリー