サスペリアPART2/紅い深淵 Profondo Rosso | Deep Red

1975年 外国映画 2ツ星 推理 殺人鬼 超能力

世にも珍しい、親より先に生まれた子ども。

本作は1975年にイタリア公開されたが、1977年の『サスペリア』のヒットを受け、日本でのみ『PART2』と題して1978年に公開された。むろん関連性はまったくない。ジャンルも異なる。ダリオ・アルジェント監督にも知らせてなかったそうだ。「その方が売れる」「2と誤解して劇場に足を運ぶやつが出てくる」と考えたのだろうが、そーゆーインチキするから映画人口が増えないんだよ。

私も『サスペリア』の続編として視聴した。テレパシストが殺され、残虐描写がつづくけど、じっさいはミステリー。よくよく見ると事件にオカルトは介在していない。うそのようなホント。

主人公はアメリカ人ピアニスト。犯行現場を目撃したことから、自分も狙われるのではないかと捜査を開始する。このあたりも説明不足で、主人公に共感しづらい。パートナーになるジャンナは厚化粧で、笑っているが感情を読みづらい。立ち振舞は珍妙で、フィアットは極端に小さい。なんかあると思っていたが、まさかのフェードアウト。先が読めない。

事件を解く鍵は「消えた絵」だが、まったく注目していなかった。主人公が追っているものを認識できないのは、ショッキング描写のノイズが多いから。『サスペリアPART2』という宣伝効果もあるが、映画の演出もよろしくない。
とはいえセンスはぶっ飛んでいる。カルロを引きずり回して頭を粉砕する必要があっただろうか? 犯人の末期も強烈。よくわからないまま記憶に残る。
おもしろいわけではないが、すごかった。

関連エントリー

1975年 外国映画 2ツ星 推理 殺人鬼 超能力
DEATH NOTE リライト / 幻視する神

DEATH NOTE リライト / 幻視する神

Death Note Relight
2007年のアニメ ★3

まじめにやっているところが笑える 2009年に鑑賞。『ガンダム00』を見たあとだったので、ライトの声が刹那に聞こえてしまう。妄想すると、いろいろ楽しい。 全体的には駆け足で、盛り上 (...)

デスノート (前編)

デスノート (前編)

DEATH NOTE
2006年の日本映画 ★3

実写でやる話じゃないが、再解釈として楽しめる 『東京ゴッドファーザーズ』の反対で、これは実写でやる話じゃない。イケメン役者もCGリュークも、興がそがれること甚だしい。ただ脚本のヒネ (...)

デスノート the Last name

デスノート the Last name

Death Note: The Last Name
2006年の日本映画 ★4

前編より後編がおもしろいとは珍しい にやけた夜神月(藤原竜也)が一歩退いて、正体不明のL(松山ケンイチ)が前に出てきてくれたおかげで、ぐっと楽しくなった。和菓子を食べまくるシーンは (...)

サボタージュ

サボタージュ

Sabotage
2014年の外国映画 ★3

ミステリーが成立せず。  アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」が原作と聞いていたが・・・どのへんがそうなのだ? 仲間が次々と殺されていくわけだが、クローズド・サークルじゃな (...)

そして誰もいなくなった (ソビエト)

そして誰もいなくなった (ソビエト)

Desyat negrityat, Десять негритят
1987年の外国映画 ★3

ヴェラ、かわいい ソビエト連邦で制作された「そして誰もいなくなった」。ロシア人の役者が、ロシア語で会話しているが、登場人物の名前や経歴はオリジナルに準じる。罪状や数え唄も変わらない (...)

そして誰もいなくなった (全2話/日本)

そして誰もいなくなった (全2話/日本)

And Then There Were None
2017年の日本ドラマ ★3

意気込みはよかったが... 舞台を現代日本に移し、数え唄も和風アレンジ。「自然回帰」をテーマに携帯電話、通信機器を没収。オープン前のホテルという設定で、船がない不自然さを隠す。よう (...)

ページ先頭へ