[Edit]
[レビュー2005年09月14日に発表された 

SHINOBI -HEART UNDER BLADE-

SHINOBI -HEART UNDER BLADE-

脚本の甘さを、映像の迫力で押し切ってしまった

ストーリーの陳腐さ、演技のつたなさなど、文句を挙げればキリがない。しかしワイヤーとCGを使った大迫力映像が、こうした欠点を吹き飛ばしてしまう。超能力バトルと化した忍者戦は、想像していた以上に見応えがあった。日本もこんなハリウッド的な映像が作れるようになったんだね。

しかしだからこそ、脚本のイマイチ感は惜しまれる。
物語と映像。同時に高めるのは難しいようだ。

Share