[Edit]
[レビュー2005年12月30日に発表された 

沈黙の追撃 Submerged

セガール映画にしてはドラマがあって、スケールも大きいのだが……

「洗脳」がテーマなので、ストーリーや人物関係が複雑になっている。ダムから潜水艦、劇場など、めまぐるしく舞台が変わるのも特徴。しかし反面、セガールのアクションや出番が少なく、いまいち印象に残らない。

結局のところ、セガールにチーム戦は似合わないし、まともな行動もしてほしくない。怒りゲージをためて大爆発で十分なのだと思った。まぁ、それはそれでワンパターンと批判されるのだから、難しいところだけどね。

Share