白雪姫 Snow White and the Seven Dwarfs

1937年 外国映画 4ツ星 #白雪姫 ファンタジー:童話 @ディズニー

白雪姫は図太い女だった

記念すべきディズニーの長編映画第1作目。1937年と言えば昭和12年。日中戦争がはじまったころに、こんなアニメが制作されていたとはね。
白雪姫のキャラクターはよく目にするが、ちゃんと鑑賞したのは2011年。74年後になるが、まったく色あせない。俳優の動きを撮影して、そこから動画を起こしたそうだが、3Dかと見まごうほどリアルだった。白雪姫の白い腕、赤い唇に魅せられる。すさまじいクオリティだ。

改めて見ると白雪姫のマイペースぶりに驚く。継母に命を狙われた+森に独り+奇妙なドワーフたちに遭遇、という状況なのに、まったく動じない。けらけら笑って、ドワーフたちを手なずけてしまった。恐るべし。
ドワーフ7人の個性をたっぷり描いておきながら、王子様とのキスは一瞬。継母もあっけなく片付いて、展開の速さに驚く。ドワーフたちとの交流が主題であって、継母との確執はあまり問題ではなかったようだ。

ストーリーもキャラクターもおなじみなのに、映画は新鮮だった。ちゃんと見ることができてよかったと思う。

関連エントリー

1937年 外国映画 4ツ星 #白雪姫 ファンタジー:童話 @ディズニー
白雪姫と鏡の女王

白雪姫と鏡の女王

Mirror Mirror: The Untold Adventures of Snow White
2012年の外国映画 ★5

ディズニー版に匹敵するおもしろさ 『白雪姫』の王道を極めたのがディズニー版(1937)なら、本作は邪道を極めている。邪道は王道を越えることはないが、決して劣るものではない。本作が示 (...)

アドベンチャー・オブ・スノーホワイト

アドベンチャー・オブ・スノーホワイト

Grimm's Snow White
2012年の外国映画 ★2

白雪姫である必然性がない 衣装やセットがチープだが、そんなことより問題なのはストーリー。緑の炎とか、エルフとか、小難しい設定を盛り込んで、なにを描きたかったのか? ダイヤ鉱脈や虐げ (...)

スノーホワイト

スノーホワイト

Snow White & the Huntsman
2012年の外国映画 ★2

魔法はいらない 大々的に宣伝されたけど、つまらなかった。ダークファンタジーの『白雪姫』なら、1997年版で十分。CGの魔法やお城はすごいけど、なくても困らない。むしろ魔法がない方が (...)

スノーホワイト

スノーホワイト

Snow White: A Tale of Terror
1997年の外国映画 ★3

魔女になるだけの理由があった 童話『白雪姫』をダークファンタジーとして再現した作品。継母(シガニー・ウィーバー)が単純な悪ではなく、当初はいい母親になろうとがんばるが、リリーのわが (...)

アナと雪の女王/家族の思い出 (22分)

アナと雪の女王/家族の思い出 (22分)

Olaf's Frozen Adventure
2017年の外国映画 ★3

「役に立つ」より「かわいい」か あらすじ  エルサとアナはクリスマスを祝おうとするが、自分たちに「伝統」がなかったことに気づく。クリストフの伝統は野卑で、合わない。オラフは伝統を探 (...)

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2

Frozen II
2019年の外国映画 ★3

もはや共感できぬ。  第1作はエルサが異質な自分を受け入れる物語だった。第2作はエルサが異質になった理由を掘り下げている。え? それって必要? 世界観は広がったけど、それが『アナ雪 (...)

ページ先頭へ