ユー・ガット・メール You've Got Mail

1998年 外国映画 3ツ星 恋愛 電脳

「すぐ私たちは思い出になる」

2013年に鑑賞したから15年前か。当時はインターネットじゃなくてパソコン通信で、モデム、メール、チャット、AOLだった! 外出先でメールチェックもできない! そして、そう本屋だよ! 本が売れていた時代だ! 時代を感じるなぁ。

相手の素性を知らないまま恋に落ちる物語は、昔からあった。通信手段は手紙、無線、電話があって、メールになり、やがてアバターになるだろう。普遍的だけど、おもしろい。
最初の待ち合わせで、ジョーの友だちは「やめておけ」と忠告し、キャスリーンの友だちは一斉に慰めてくれる。その対比がよかった。思えば、このあたりが最高潮だった。

中盤になり、「古いものと新しいものの対立」がもう1つのテーマであることに気づく。キャスリーンの老舗書店は奮闘むなしく閉店し、新たな人生を模索する。それは老舗書店を守りきるより、感動的だった。本が売れなくなると、ジョーのビジネスも「古いもの」になる。世の中の移り変わりは早い。

終盤は首をかしげる。ジョーは情報格差を利用して、キャスリーンの心を試すのは、あまりいい印象がない。最終目的は、「NY152」ではなく現実の自分を選んでもらうことと思っていたが、そうじゃなかった。キャスリーンも鈍感すぎる。お見舞いで花をもらったとき、ジョー=NY152と気づき、知らないふりをしてると思っていたが、そうじゃないのか? 気づいた演出も、気づいてない演出もあるから、混乱する。

相手の素性がわかっても、心の中はわからない。仮面をしたまま交際し、なんとなく同意を得る展開は、いささか物足りなかった。

関連エントリー

1998年 外国映画 3ツ星 恋愛 電脳
her/世界でひとつの彼女

her/世界でひとつの彼女

Home Alone
2013年の外国映画 ★3

これは、どーゆー話なの? 人間と人工知能の恋愛を描いた映画・・・なんだけど、果たして恋愛だったのか? あまりに特殊 人工知能を「OS」と呼ぶのはヘンだが、馴染みやすさを優先したと解 (...)

マクロスプラス 劇場版

マクロスプラス 劇場版

Macross Plus Movie Edition
1995年のアニメ ★3

主人公がきらい 40分×4話のOVAを115分に再編集した劇場版。OVA版は見てないが、ストーリーがあっちこっちに飛んでわかりにくい。とりわけ終盤の展開は強引。無人機に仕事を奪われ (...)

サマーウォーズ

サマーウォーズ

SUMMER WARS
2009年のアニメ ★5

こんなアニメを待っていた! これですよ、これ。このワクワク感は久しぶり。仮想空間OZは決してリアルじゃないが、ガンダムが大地に立つような興奮がある。そうなのだ。アニメは夢を描くもの (...)

電車男 (テレビドラマ・全11+2話)

電車男 (テレビドラマ・全11+2話)

Densha Otoko (live-action TV)
2005年の日本ドラマ ★2

オタクは知能障害者ではない 美男美女のぜいたくな悩みではなく、男の純愛を真正面から描いたストーリーは好感がもてる。しかしオタクの描写はあまりにもひどい。自宅でミリタリーグッズを着込 (...)

メガゾーン23

メガゾーン23

Megazone 23
1985年のアニメ ★5

「今がいちばんいい時代だって気がする...」 ハードなSF設定、かわいい女の子、メカデザイン、印象に残る歌声など、あらゆる要素がハイレベルに結実している。突き放した結末も鮮烈だった (...)

電車男

電車男

Train Man
2005年の日本映画 ★3

現代版『みにくいアヒルの子』 『電車男』は恋愛ドラマであると同時に、オタクが自分の殻を打ち破る物語である。しかしそれはオタクの否定ではないはず。この映画だと、オタク(みにくいアヒル (...)

ページ先頭へ