[レビュー1995年10月07日に発表された 

マクロスプラス 劇場版 Macross Plus Movie Edition

ロボット 主人公は軍人 地球外生命 恋愛 電脳 飛行機
更新日:2013年08月21日(水) 03:05 [Edit]

主人公がきらい

40分×4話のOVAを115分に再編集した劇場版。OVA版は見てないのだが、ストーリーがあっちこっちに飛ぶのでわかりにくい。とりわけ終盤の展開は強引すぎる。無人機に仕事を奪われたテストパイロット(イサム)が、腹いせに軍用機を盗んで地球で抗議しようとしたら、ちょうどA.I.に侵略されていたってこと? もしタイミングがずれたら、イサムの軍法会議は避けられない。若気の至りじゃ済まされないぞ。
さんざん女遊びにしておきながら、ライバルが死ぬことで三角関係を解消するのも強引すぎる。テストパイロットってのは、こういう人種なのかね。イサムの友人ヤンも身勝手だ。自分の飛行機は大切にするのに、愛するシャロン・アップルへのハッキングは兵器なのか。

脳波コントロールを実装したYF-21はかっこよかった。

マクロス, 超時空シリーズ
マクロス
超時空シリーズ・ほか
メガゾーン23

関連エントリー